おでんのじゃがいもの種類は何がいいの?柔らかくするコツも紹介!

スポンサーリンク

寒い冬には温かいおでんが美味しいですよね!

卵やこんにゃく、大根なんかも美味しいですが
私はおでんの中でジャガイモが一番好きです。

味がしみこんでホクホクしたジャガイモは
おでんになくてはならない存在です。

そんな美味しいおでんのジャガイモですが
おでんに使うのはどんな種類がいいのでしょうか?

そこで今回は
おでんに入れるじゃがいもの種類選びから
柔らかくするコツまで
詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

おでんに合うじゃがいもの種類とは?

男爵とメークイン

おでんの具材を長時間煮込んでいるうちに
じゃがいもが崩れたり
溶けて無くなったりしたことはありませんか?

せっかくの美味しいじゃがいもですから
ホクホクと食べたいものですよね。

どんなじゃがいもがおでんに適しているのか
というと、実はどの品種でもいいです。
種類によって気を付けるポイントが異なるだけです。

私はホクホクしている方が好きなので
柔らかい男爵を使っています。
柔らかくてすぐに砕けますが
その分味が中までしみて
とても美味しいです。

男爵を使うときに問題なのが
ちょっと油断すると
気づかないうちに
溶けて無くなってしまう可能性がある
ということです。

したがって男爵を使う時には
こまめに見ることがポイントになります。

 

こまめに見られないので
しっかりと煮崩れしにくいジャガイモがいい
という場合にはメークインがおすすめです。

メークインは、カレーや肉じゃがなど
煮込み料理に適しているので
おでんにも向いています。

メークインなら、結構煮込んでしまっても
形は残っているので安心
ですよ

ただし、メークインは崩れにくい反面
味が染み込みにくいので
しっかり煮込んで味を染み込ませるのが
ポイントです。

あなたやご家族のお好みに合わせて
ジャガイモを選んでみてくださいね。




おでんのジャガイモが固い場合の対処法とは?

じゃがいもの下茹で

おでんのジャガイモって
お鍋からお箸を使って取り出そうとすると
崩れてしまいそうなくらい柔らかいものです。

でも、中には長時間煮込んだにもかかわらず
食べた瞬間、中がゴリゴリしていた
という経験はありませんか?

せっかくの美味しいジャガイモが
ゴリっとしてしまうと
本当にショックですよね。

私なんて、ジャガイモが一番好きなので
ジャガイモの中が固いと
テンションがガタ落ちです。

でも、しっかりと火を通しているはずなのに
どうして中が固いじゃがいもが
出てきてしまうのでしょうか?

その理由はいくつかあります。

まず1つ目は、そのジャガイモが
ハズレジャガイモ」だったということです。

こればかりは、農家の人でも
見た目ではわからないそうなので
知らないうちに出荷されて
あなたの元へやってきてしまうのです。

私もこれに当たると本当にショックですが
買ってきたジャガイモの1袋のうち
1~2個だけが固い場合は
そのジャガイモは「ハズレ」だった
と思ってあきらめましょう。

こればかりは対処のしようがないので
我慢してくださいね。

 

そして2つ目の理由です。

ジャガイモは、日光に長時間当たると
硬くなってしまいます。
一度そうなったジャガイモは
煮込んでも完全に柔らかくはなりません。

毎回ジャガイモが固い場合は
もしかすると保管場所が悪いのかもしれませんね。

ジャガイモは
風通しのよい冷暗所で保存しましょう。

お店の保存状態が悪い場合もあるので
お店を変えてみるのもアリかも知れません。

 

ちなみに、おでんのジャガイモを煮込むときは
圧力鍋を使って短時間で仕上げることで
煮崩れせず、さらに味の染み込んだ
おでんを作ることができますよ。

また、崩れやすい男爵を使用するときは
別鍋で下茹で
をしますが
完全に火が通るまで煮るのではなく
途中で取り出して余熱で中まで火を通す
ようにすれば崩れにくいです。

竹串がスっと通るくらいに火が通れば
おでんの鍋に投入しましょう。

また、おでんとして完成したのに
ジャガイモだけが固いという時は
ジャガイモを鍋から取り出して
レンジで加熱
してみましょう。

火が通っていないだけなら
こうすることで中まで火が通り
ジャガイモが柔らかくなりますよ。

もし、これでもダメな場合は
最初の方にお話しした
「ハズレジャガイモ」か「保存状態が悪かった」
ということで諦めてくださいね。




おでんのジャガイモは
まず下茹でしてから
おでんの鍋に入れるようにするか
圧力なべで一気に煮込むのがオススメです。

>>>おでんの大根、どの部位を使う?柔らかく煮るコツも紹介!

>>>おでんはどれくらい日持ちする?保存方法は?

まとめ

おでんのジャガイモに品種の指定はないので
あなたのお好みの食感のジャガイモを入れましょう。

ホクホクが食べたい人は「男爵」
少ししっかりした方が好きな人は
「メークイン」を選びましょう。

しかし、「男爵」は煮崩れを起こしやすいので
こまめに鍋の中を確認する必要があります。

そして、ジャガイモだけが
火が通っていない状態を避けるためには
下茹でをして竹串が通ることを確認してから
おでん鍋に入れるといいですよ。

もし、おでんとして出来上がっているのに
ジャガイモが固かった場合は
レンジでジャガイモだけを加熱してみてくださいね。

これからの季節
美味しいおでんで身も心も温まりましょう。

タイトルとURLをコピーしました