「自」と「至」の読み方は?意味や書き方も詳しく解説!

スポンサーリンク

履歴書や職務経歴書などに
「自」「至」
と書いてあることがありますよね。

私はあまり意識したこともなく
意味も知りませんでした。

履歴書って大体お手本がついているので
私はそれを見て書いていました。

でも、調べてみると
ちゃんと意味がありました。

当たり前ですよね。

今回はそんな「自」と「至」の読み方や書き方
意味の違いを紹介します。

スポンサーリンク

「自」と「至」の読み方と書き方の違いは何?

 

「自」と「至」の読み方は
自→じ・より
至→し・いたる
です。

自をよりとはちょっと読めませんが
至のいたるはそのままですね。

この2つの文字は期間や区間
つまり起点と到達点を表すものです。

 

わかりにくいので具体的な文章にしてみます。

文章にすると
「自2019年至2020年」や「自東京至北海道」
と書きます。

意味はそれぞれ
「2019年から2020年まで」
「東京から北海道まで」
となります。

こうやって
少し分かりやすい文章に
崩してみると
意味も分かりやすいですよね。

 

この「自」と「至」の2つの漢字は
セットで使われることが多いです。

ただ、読み方が2種類あるので
どちらで読めばいいのか分かりませんよね。

どちらの読み方も
間違っているわけではないですが
基本的には「じ」「し」と読むようです。

ただ、日常的な会話では
「より」「いたる」と
読むことも多いようですよ。

会話でいきなり「じ」「し」って言われても
どうしたのかと思いますよね。

会議で発表するような時には
「じ」「し」を使った方がいい
かもしれませんね。

私は両方「じ」か「し」と読むのかな?
と思っていたので
読み方だけでは全然意味が分からなかったです。

「じ」「し」と言われるよりも
「より」「いたる」と伝えてもらった方が
分かりやすいですよね。



「自」と「至」の書き方は?どんな時に使うことがある?

読み方や意味が違うことは分かりましたよね。

でも、この2つの文字って
普段見たことはありますか?

私は思い出してみても
「自」と「至」の漢字が使われているところを
なかなか思い出せません。

調べてみると「自」と「至」は
履歴書や略歴書を中心に使われているようです。

それ以外では

  • 報告書
  • 帳簿
  • 勤務時間
  • 工事現場の看板(工事の期間)

等にも使われていることもあるようです。

なので、働いている場所によっては
「自」と「至」を
身近に感じることもあるのでしょうね。

私は保育士をしていたのですが
仕事上の書類などでも見たことがありません。

きっと私みたいな人は多いと思います。

となると
一般的に自至に関係する機会が多いのは
履歴書や略歴書、職務経歴書になりますね。

しかし、履歴書も近頃は
写真1のようなものが多く
写真2のような形式は
略歴書や職務経歴書に見られることが多いです。

自・至のないタイプ

写真1:自至のないタイプ

 

 

 

 

 

自至のあるタイプ

写真2:自至のあるタイプ

では、ここで具体的な書き方を
簡単に分かりやすく説明していきますね!

まず、写真1のような自至がないタイプでは

〇年4月 □□入学(入社)
△年3月 □□卒業(退職)

と書きます。

写真2のような自至があるタイプでは

自〇年4月
□□
至△年3月

と書きます。

「入学」「卒業」という言葉を
付けなくていいのかな?
と思うかもしれませんが
「自」と「至」が
「〇年4月~△年3月まで」という意味なので
付けません。

 

では、転職の時など
会社に在籍中に転職希望先に提出する場合
どうなるのでしょうか?

実際、転職活動をしている人は
仕事をしながら転職先を探すことが多いですよね。

そういう時は
「自」の日付だけを書けば大丈夫ですよ。

「自19年4月1日 ○○会社」と
入社した日を書いてあれば
今○○会社で働きながら
転職活動をしているんだと分かります。

また、履歴書によっては
学歴と職歴の部分に
初めから「自・至」と書かれていることがあります。

そういう時は
使わない方を二重線で消すようにしましょう。

「自・至」と書かれていた時に
よくする間違いは
使う方に〇を付けてしまうことです。

きっと私もこうやって調べてなかったら
使わない方を二重線で消すのではなく
使う方に丸をつけてしまうと思います。

履歴書を書くうえで大切なポイントなので
覚えておいて下さいね。



まとめ

普段、始まりと終わりの意味で
「自」と「至」を使うことは
ほとんどないですよね。

自・至の意味は
○○から△△まで
と覚えておきましょう。

実際、私が履歴書を最後に書いたのは
6年くらい前ですが
履歴書に「自」「至」があったかどうかも
覚えていません(笑)

今回調べたことによって
私は子供が大きくなって社会復帰する時に
履歴書を書くのが少し楽しみになりました。

タイトルとURLをコピーしました