扇風機と赤ちゃんの危険な関係!?扇風機を使うときの注意点とは?

スポンサーリンク

クーラーをつけるにはまだ早い・・・今日はクーラーをつけるほど暑くない・・・そんな日に活躍するのが扇風機ですよね。我が家でも扇風機はフル活用しています。

どこの家庭にでもある扇風機ですが、 使い方を間違えると 、とんでもなく恐ろしいことになってしまうのです。

そこで、扇風機の季節の赤ちゃんと扇風機の危険な関係について紹介します。

スポンサーリンク

扇風機の風を赤ちゃんに当て続けると死んじゃうの??

寝ている赤ちゃんと扇風機

扇風機って 少し暑いなぁ というときに役立っていいですよね!

そんな扇風機ですが、赤ちゃんに当て続けると死亡する、という話を聞いたことがありませんか?

ただの都市伝説なんて言われているところもありますが、実際に扇風機の注意事項にも書いてあります。実際に死亡した赤ちゃんがいるかどうかはわかりませんが、命の危機にさらされた赤ちゃんはいるようです。

長時間にわたり首振りもせず、赤ちゃんに風を当て続けると、体温調節のうまくできない赤ちゃんは、低体温症となってしまうことがあるようです。また、風が当たり続けることで、体の表面から水分が奪われ、脱水症状になる危険も考えられます。

実際、大人の私でも、夜に扇風機をつけて寝ていると寒さのあまりに起きてしまうことがあります。ひどい時だと体が冷え切ってしまい、あまりの寒さに体が温まるまで、布団をかぶることもあります。

人は睡眠中はもともと体温が少し下がっていますが、扇風機でさらに体温を奪われてしまうのです。

大人の体温まで下げてしまう扇風機の風を体温調節がうまくできない赤ちゃんに当て続けると死亡してしまうこともあり得る話ですね。

あなたが良かれと思って赤ちゃんに扇風機を当て続け、それが原因で体調を崩してしまったら、ましてや死亡してしまったら・・・

考えるだけでも恐ろしいですよね。

私が赤ちゃんに扇風機を使うときは、しっかりと首振りをして強さは『弱』で少し離したところから風を当てるようにしています。

『弱』にして、少し離れたところに置くのには、他にも理由があるのです。

強風で息苦しい!なんて経験したことがありませんか?

実は扇風機の風を強く当て続けると、赤ちゃんの場合、呼吸困難になる危険もはらんでいるのです。大人は扇風機の風だけでは呼吸困難までにはなりませんが、赤ちゃんの肺や気管はまだとても小さく、力も弱いので扇風機の風は強すぎるのです。

苦しい思いをさせてしまうことになりますので、ゆるやかな風を浴びさせてあげましょう。

扇風機は何かと便利ですが、赤ちゃんにとっては危険なものなので、 十分に配慮しながら使いましょうね。

赤ちゃんが扇風機に指を!!扇風機カバーは必要ですよ!

扇風機と手

赤ちゃんの指って小さいですよね。小さくて可愛い赤ちゃんの指。そんな可愛い指が、扇風機に・・・

考えただけで恐ろしいですよね。

扇風機の羽根って、赤ちゃんの指なんて吹き飛ばしてしまうくらいの威力があるのです。大人の指でも、当たると相当痛いですし、出血してしまうこともありますよね?

私は、たまに扇風機の本体のカバーがズレて戻そうとしているときに、うっかり指が当たってしまうことがあります。きちんと電源を落としてからやれば、そんなことにはならないのですが、ついつい、ちょっとだけだし・・・と思って電源を落とさずやると、こうなるんですよね。

子供の場合は、「痛ーい」だけでは済まないので、扇風機の羽根には十分に気を付けてあげましょう。

そこで登場するのが扇風機カバーです!

電気屋さんはもちろん、ホームセンターなどにも売っています。100円ショップにも売っていますので、ぜひ購入してくださいね!

ただし、間違ってもキャラクターもののカバーを選んではいけません!

子供の好きなものを揃えてあげたいところですが、ここで子供の好きなキャラクターのカバーを付けてしまうと、子供は余計に近づいてしまいます。そうなっては、カバーを付けていても危険が増してしまいます。

できれば無地で、子供の気を引かないものにしましょう。

我が家も1歳の子がいるので扇風機カバーを付けています。

最初は可愛いものにしようなんて思って、子供の好きなキャラクターにしました。

すると、やめてと注意しても聞かずにドンドン近づいてしまいます。

そのうち、カバーの上から指を突っ込んで破ってしまいました。

少しくらいの穴ならいいか・・・なんて思っていたら、その穴から指を突っ込むので大きな穴になってしまって、結局、カバーは台無しになりました。

そんな経験から、キャラクターはダメだと学習し、無地で何の可愛げもないカバーに替えてみたところ、たまに近づきはするもの興味はないようです。

どうしても心配な人は、羽根のない扇風機を購入するのもいいですね!

我が家では最近、タワー型の扇風機を購入しました。これなら指を突っ込まなくて済むかなぁ なんて思っていたら、まさかのお箸を突っ込んで中の部品を破壊・・・故障してしまいました。。。

まだ買って1ヶ月も経っていないのに!と悔しい思いをしつつも、無ければ困るので、再度購入。今度は何も突っ込まれないように慎重に見ています。

指は入らなくても、物を突っ込んで、もし壊れた部品がこちらに飛んできていたら危なかったかも知れませんからね。

本当に子供ってなに考えているかわかりません・・・

我が家ではいろいろなことがあり、丸形の扇風機にはカバーを付け、タワー型の扇風機も置いてあります。

それで、何とか今のところ大きな事故にはなっていません。あなたも色々と工夫をして事故のないようにしてくださいね!

まとめ

梅雨の時期、初夏は扇風機が大活躍します!

真夏もクーラーと併用したりと、活躍する扇風機ですが、子供がいる家庭では本当に危険です。

  • 強い風を当てない。
  • 風を当てっぱなしにしない。
  • 羽根の部分には必ずカバーを付ける。

以上の3点は必ず守って安全に使いましょうね!

タイトルとURLをコピーしました