石鹸カスの落とし方は?プラスチックにはクエン酸で落とすのがおすすめ!

スポンサーリンク

石鹸カスの付きやすいプラスチックといえば
風呂の椅子やシャンプー・リンス
ボディーソープの容器などがありますね。

膜が張ったように
白く汚らしい感じに見える
石鹸カスですが
クエン酸で簡単に落とせます!

今回は、石鹸カスの簡単な落とし方
プラスチックの石鹸カスには
なぜクエン酸が効くのか
またプラスチック製品に
石鹸カスが付きにくくする予防法
についても詳しく紹介します。

スポンサーリンク

石鹸カスの落とし方は?プラスチック製品は中和させて簡単綺麗!

クエン酸

石鹸カスの汚れは
ゴシゴシと擦るだけでは
なかなか落ちなくて困りますよね。

そんな石鹸カスですが
石鹸カス汚れになるには理由があります。

皮脂汚れなどによる油汚れ
石鹸に含まれる脂肪酸

このどちらかと
水道水のカルシウムが合わさって
石鹸カスとなります。

石鹸カスになってしまったら
油分が水をはじくので
タチが悪く
水だけでは落ちません。

さらに放置すると
どんどん重なって層になっていきます。




そんな石鹸カスはアルカリ性なので
酸性のもので中性にすれば
綺麗に落とすことができるのです。

頑固なプラスチックの石鹸カス汚れも
中性にすることで簡単にキレイになりますよ。

石鹸カスを中和(中性にすること)するのに
オススメなのが
最初にもお伝えしたクエン酸です。

クエン酸は酸性なので
アルカリ性を中和
してくれます。

その結果、石鹸カス汚れは
ツルツルと簡単に落ちるようになります。

クエン酸は、レモンなどの
酸っぱい食べ物に含まれている成分なので
安心して使えるのもうれしいですね。

間違えて子供が口に入れてしまっても
大丈夫ですし
ペット用品に使っても大丈夫ですよ。

 

クエン酸は
ドラッグストアやスーパーで買えます。

そしてクエン酸を買ってきたら
クエン酸スプレーを作っておきましょう。

〇クエン酸水の作り方

用意するもの

  • スプレー容器
  • クエン酸
  • 水(長持ちさせるならドラックストアで売っている精製水を使います)

作り方

  1. スプレー容器にクエン酸を小さじ1杯を入れる
    (クエン酸に量の表示がある場合はそれを守る)
  2. 水を200ml入れて混ぜる
  3. スプレーボトルを振り、クエン酸が溶ければ完成

このクエン酸のスプレーを
汚れに吹きかけてしばらく放置した後
スポンジで磨けば綺麗になりますよ。

頑固な石鹸カス汚れの場合
クエン酸スプレーをしてから
キッチンペーパーを貼り付けて
さらに上からクエン酸水をかけます。

そのまま30分ほど放置して
しっかり中和させてから
スポンジで磨けば
簡単に石鹸カスが落ちます。

お掃除に便利なクエン酸ですが
使わない方が良い場所もあります。

  • アルミ製の部分
    アルミは酸性に非常に弱いため
    色が変わってしまうことがあります。
  • 大理石
    大理石は、炭酸カルシウムで出来ています。
    クエン酸はカルシウムを溶かすので
    大理石のツヤを消してしまう可能性があります。

  • クエン酸は鉄を錆させてしまう可能性があります。
  • タイル目地
    タイルの目地は酸性に弱いため
    浴室がタイル貼りの人は
    使用しないようにしましょう

以上、便利なクエン酸ですが
使ってはいけない場所などもあるので
覚えておいて下さいね。



石鹸カスを落としたあとのプラスチック製品を綺麗に保つには?予防策を伝授!

クエン酸でプラスチックについた
石鹸カスを綺麗にしたのに
またすぐ汚れてしまっては
嫌になりますよね。

少しでも長く綺麗に保てたらうれしいし
掃除の回数も減らせるので
余った時間を有効に使えますね。

プラスチックに付いた石鹸カスは
放置すると層になると紹介しましたが
石鹸カスが層になってしまうまで
放置しなければ比較的簡単に落とせます。

でも毎日のことですから
簡単に手入れをしたいですね。

簡単にできる予防法とは

  • お湯をかける
    皮脂汚れは油分なので熱に弱く
    少し熱めのお湯で流せば
    溶けて流れやすいので
    石鹸カスになりにくいです。
  • 水分を拭き取る
    水分をしっかり拭き取っていれば
    水に含まれるカルシウムと
    交じり合うことがないので
    石鹸カスになるのを防げます。
  • 換気をする
    しっかり換気をして湿気を防ぎ
    浴室内を乾燥させることで
    石鹸カスを防ぐことができます。
  • 軽く磨いておく
    石鹸の残りや皮脂汚れなどを
    綺麗にしておけば
    石鹸カスが付くことはないので
    当然ですが毎日磨けば
    石鹸カスは付きません。

これだけを見ると大変そうに感じますが
例えば
お風呂から上がる前にお湯で流したり
台所で石鹸を使ったら
その周辺をよく流すようにすれば
石鹸カスはかなり予防できます。

要は、石鹸と水道水を合体させなければ
石鹸カスにはならないので
放置せずにこまめにするのが良いです。

また、石鹸カスはカビの餌になるので
放置するとカビが生えてしまって
余計に面倒なことになったりします。

そうなる前にちょっとした一手間で綺麗に保ちましょう。



まとめ

プラスチック製品についた
石鹸カスの落とし方や予防法について
紹介しました。

石鹸カスがついたプラスチック製品は
クエン酸で綺麗にしましょう。

石鹸カスはアルカリ性なので
酸性であるクエン酸で中和することで
簡単に落とせます。

頑固な石鹸カス汚れには
キッチンペーパーにクエン酸を吹きかけて
パックしてから擦るようにしましょう。

石鹸カス汚れは放置してしまうと
層になって落ちにくくなるので
お風呂上りに熱めのお湯で流すなどの
予防法が有効ですよ。

タイトルとURLをコピーしました