自転車屋で空気入れは無料でできる⁉空気入れの頻度や目安は?

スポンサーリンク

自転車は定期的に空気を入れないと
パンクしやすくなったり
漕ぎにくくなったりします。

でも、空気入れって面倒ですよね。
できるなら自分で空気入れをしたくないと
思ってしまいます。

そんな私のような人!
「自転車屋さんで空気を無料で入れてくれる」
と聞いたことはありませんか?

でも、どこのお店でも
無料で空気を入れてくれるわけでは
ありませんよ。

今回は
そんな自転車の空気入れに関する疑問を
解決していきますね。

スポンサーリンク

自転車屋で空気入れは無料でできる⁉

自転車屋さんには
無料で空気を入れてくれるお店と
そうでないお店があります。

なので
「自転車屋さんなら空気入れは無料だ!」
と思っていると
料金をとられてしまうこともあるので
気を付けて下さいね。

どんなお店が無料で入れてくれるのでしょうか?

あなたが自転車を買ったお店なら
無料で入れてくれる可能性は高いです。

でも
絶対に無料で入れてくれるわけではないので
行く前に電話などで確認しましょう。

私の場合は自転車を買った時に
「空気を無料で入れられるので
いつでも来てくださいね」
と店員さんが言ってくれました。

でも、自転車を持って行っても
店員さんが空気を入れてくれるわけでは
ありませんでした。

外に空気入れが置いてあって
無料で空気入れを貸してくれる
ということでした。

 

無料といっても
自分で空気を入れるのか
店員さんが入れてくれるのかでも
違ってきますよね。

私の場合は自分で入れるお店でしたが
空気をどれくらい入れたらいいのか
分からないので
店員さんに見てもらったりしています。

自転車にあまり詳しくない人は
無料で店員さんが確認してくれるような場所を
見つけられるといいですね。



また、無料でしてくれない
自転車屋さんもあります。

ただし、有料だとしても
50円~100円ほどの安い料金
自転車屋さんが多いです。

私のように
どれくらい空気を入れればいいのかが
分からない人は
自転車をパンクさせたりしないためにも
自転車屋さんで入れることをおすすめします。

そして、店員さんに確認してもらいましょう。

自転車屋さんで入れてもらったら
タイヤを親指で押して
どれくらいの硬さか確かめてみましょう。

そして
どれくらい空気を入れればいいのかが
わかるようになったら
自分で空気入れを買ってもいいですね。

一回に50円や100円なら
そこまで高くはないですが
お店に行くにも手間や時間が掛かります。

自宅で気軽に空気を入れられたら
やっぱり便利ですよ!

近くに自転車屋さんがなかったり
あっても有料の場合は
空気入れの購入を考えてみましょう。

力が弱い女性には
蓄圧タンク付きのポンプが
おすすめですよ。
↓ ↓ ↓

自転車に空気を入れる目安やタイミングは?

自転車のパンクの原因の大半は
「空気圧の不足」
と言われています。

タイヤの空気が減っていると
段差などに乗り上げたときに
衝撃を吸収しきれずに
自転車のリム(車輪の金属の部分)と
段差にタイヤのチューブが挟まれて
破れてしまったりするのです。

なので、空気をしっかり入れておけば
かなりパンクを防ぐことができます。

また、空気がしっかり入っていると
タイヤと地面の接地面積が減るために
自転車を軽く漕げますよ。

 

空気入れは面倒ですが
週に1回がいいと言われています。

空気の入れ忘れを防ぐためにも
「毎週月曜日に入れる」
などと曜日で決めておくのがおすすめです。

 

週に1回入れるのがいい
とは言われていますが…

空気入れが嫌いな私は
「自転車が趣味の人が言ってるだけじゃない?」
と思ってしまったりするのです。

毎週空気を入れないとダメって
むしろタイヤに問題があるのでは?
とタイヤのせいにしてしまうほど
空気入れが嫌い!

しかし私のように
毎週入れるのは面倒くさいという人でも

最低、月に1回は入れるようにしましょう。

パンクすることを思えば
月に1回くらいなら
空気入れが嫌いな私でも
何とか許せる範囲ですよね(笑)。



ちなみに私は
子供の送り迎えや買い物で
週に5日ほど自転車を使いますが
もちろん週に1回も
空気入れをしたことはありませんでした。

気づいた時に入れるくらいで
「前はいつ入れたかな?」
と思ってしまうほどでした。

でも、そのように過ごしていたら…
パンクしました(笑)。

自転車屋さんに持っていくと
「空気が減っていることが原因です」
と言われました。

修理をしてもらった時に
実際に空気を入れてもらったのですが
私が思っていた以上にタイヤが固くて
しっかり入っていました。

自転車を頻繁に乗るようになったのは
子供が幼稚園に行き始めてからだったので
自転車のことは元々詳しくありません。

なので、今までも
自転車の空気は入れていたつもりでしたが
自転車屋さんに空気を入れてもらったことで
今までの空気入れでは足りなかったことが
改めてわかりました。

私の使っているママチャリは
普通の自転車よりも
タイヤが丈夫なものになっていました。

そのため、空気を入れた後に確認した時
タイヤ自体の硬さで
空気が入っていると勘違いしてしまったのです。

 

また
自転車屋さんに空気を入れてもらった後の
自転車は乗り心地が良くて驚きました。

私のように頻繁に乗るなら
しっかりと空気入れをした方がいいですよ!

パンクして
自転車屋さんへ修理に持って行く方が
面倒ですし
パンクした時に
空気入れをしていなかったことに
すごく後悔しますよ(笑)

そして何より
空気がしっかり入った自転車は
漕ぐのが軽くて楽ですよ!

ところで
お出かけ前にタイヤを指で触って確認すると
どうしても手が汚れますよね。

なので、私は
自転車にまたがった時に
タイヤのへこみ具合を確認しています。

そうすれば、タイヤの空気が減っていたら
すぐにわかりますよ。

タイヤに触るのは、空気を入れる時に
入り具合を確認する時くらいです。



まとめ

今回は
自転車の空気入れについて紹介しました。

あなたが、自転車の空気入れを
きちんと毎週できる人なら問題ないですが
私のように空気入れが嫌いでも
月に1回くらいは入れるようにしましょう。

また、自転車を買った時や
自転車屋さんに空気を入れてもらった時に
タイヤを触って硬さを確かめたり
自転車に乗った時のタイヤのへこみ具合を
しっかり覚えておきましょうね。

タイトルとURLをコピーしました