当ブログはアフィリエイト等の広告を利用しています。

油性ボールペンの落とし方で合皮の場合はどうすればいい?

スポンサーリンク

合皮素材のバックやソファに、子供がボールペンで落書きをして、焦ったことのあるママは多いと思います。

ちゃんと落とせるか不安になりますよね。

油性ボールペンを落とすポイントは、とにかく「時間」です。

汚れがついてから時間が経ってしまうと、落とすことが難しくなってしまうので、できるだけ早い段階で対処しましょう。

また、間違った方法を試してしまうと、汚れが広がってしまったり、取れなくなってしまうこともあります。

今回は、合皮についた油性ボールペンの落とし方やコツ、ポイントなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

合皮についたボールペンを落とすには消しゴム?

消しゴム

合皮についた油性ボールペンの汚れを落とす方法は、まず最初に『消しゴム』がおすすめです。

汚れの範囲が小さい場合は、お子さんが普段使っている消しゴムで軽くこすってみると、目立たないくらいまで消すことができます。

時間がそれほど立っていない汚れなら、消しゴムだけでも落とせる場合があるので、まず試してみてください。

 

もし、汚れが濃い場合や少し時間が立ってしまった場合は、「油性ボールペン用の消しゴム」があります。

この油性ボールペン用の消しゴムは、一つ持ってるとかなり便利ですよ。

合皮についた油性ボールペンの汚れのほか、ハガキや学校関係の書類など、ボールペンで書いて間違ってしまった文字も消すことができます!

修正テープや修正ペンを使わなくていいので、かなり重宝しますよ。

 

ちなみに、油性ボールペンの汚れを石鹸で落とせるか、実際に試したところ、びくともしませんでした。

石鹸で落とせるのは、水性ボールペンの汚れだけのようですね。

水性インクと油性インクでは落とし方が違うので、まず最初に油性なのか水性なのかを確認してから、試してみてくださいね。




 

合皮に付いた油性ペンの落とし方!消しゴムでもダメな場合はクレンジング?

悩む女性

合皮についた油性ボールペンの汚れを消しゴムでこすっても消えない場合は、どうすればいいのでしょうか?

合皮素材の油性ボールペン汚れは、早い段階であれば『台所用中性洗剤』が有効です。

時間が経てば経つほど落ちにくくなってしまうので、汚れたらできるだけ早いタイミングで対処するようにしましょう。

台所用中性洗剤はほとんどの家庭にあると思いますが、それで試しても落ちない場合は、以下のもので試してみましょう。

  • 除光液
  • 無水エタノール
  • クレンジングクリーム
  • 灯油

いずれもコットンに少量を取って、汚れの部分を軽くこすります。

最後は乾いた布できれいにふき取りましょう。

 

ガラスやプラスチック素材の場合は、この方法で比較的簡単に落ちますが、この方法は合皮にも使えます。

なかなか落ちない場合は、コットンを汚れに当てて、その上からラップをして少し時間を置いてから、布でふき取ってみてください。

ただし、これらの方法は、皮の表面の艶まで落ちてしまったり、素材を痛めてしまう可能性もゼロではありません。

必ず最初に目立たない場所で試してから、行うようにしてくださいね。

 

また、「灯油」はニオイなどもあるので、私的にはちょっと抵抗がありますが、他の方法を試しても落ちなかった場合は、試す価値はありますよ。

こちらもコットンに灯油を浸して汚れ部分に当て、少し時間を置くと効果が上がりやすいようです。

ただ、灯油を使用する時は、火気厳禁で気を付けて行ってくださいね。

 

他には「メラミンスポンジ+お酢」という手もあります。

100均などで売っているメラミンスポンジにお酢を少し付けて、汚れた部分を軽くこすります。

その後、ガーゼやコットンなどでふき取ってみてください。

メラミンスポンジは素材を痛めやすいので、絶対に「軽く」ですよ。

汚れが小さい場合は、この方法がおすすめです。

 

以上、紹介した方法を試してみても、どうしても落ちないという場合は、最後の手段として「塩素系漂白剤」を使用する方法もあります。

ただし、塩素系漂白剤は色落ちもするので、色ものや柄物にはおすすめできません。

必ず目立たない場所で一度試してから、行ってくださいね。




 

油性ボールペンの汚れを落とす時の注意点

合皮についた油性ボールペンの汚れを落とす際の注意点をまとめます。

できるだけ早く対処する

油性ボールペンの汚れは、時間が経てば経つほど落ちにくくなってしまいます。

できるだけ早い段階で対処しましょう。

 

少量づつ試す

クレンジングクリームや灯油など、油分の多いものを試す場合は、塗りすぎに注意が必要です。

あまり多く塗ってしまうと、乾いた布だけでは拭きとれなくなってしまうこともあるので、少量づつ足しながら試すようにしましょう。

 

ゴシゴシこすらない

衣類のシミなどもそうですが、汚れを落とす場合にゴシゴシこするのはNGです。

特に合皮素材の場合、素材自体をダメにしてしまう可能性もあるので、優しくこするように気を付けてくださいね。




 

合皮についた油性インクの落とし方まとめ

今回は、合皮についた油性ボールペンの汚れの落とし方についてまとめてみました。

油性ボールペンの汚れを落とす上で一番重要なのは、「時間」です。

汚れが付いたら、できるだけ早く対処するようにしましょう。

除光液や灯油など強い溶剤を使う場合は、必ず目立たない所で変色しないか確認するようにしてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました