まつ毛パーマしたらマスカラはダメ?メイクで気を付けるべき3つのこと

スポンサーリンク

まつ毛パーマ(マツパ)は
目が大きく見えるので魅力的ですよね。

私のまつ毛は長い方だと思いますが
長いからなのかビューラーであげても
1日カールが持つことがありません。

なので、高校生や大学生の頃は
今以上にマツパがしたくて
たまりませんでした。

でも、まつ毛パーマをすると
アイメイクをしてはいけないのか?
まつ毛を長く多く見せるための
マスカラは付けてはいけないのか?
という疑問が出てきて
まつ毛パーマをかけられずにいます…。

それでも、まつ毛パーマをしてみたい!!

そんな気持ちから
まつ毛パーマとマスカラの相性や
まつ毛パーマをしている時に
気を付けるべきメイクのポイントを
調べてみたので紹介しますね。

スポンサーリンク

マツパをしていたらマスカラがダメって本当?

まつ毛パーマをしても
まつ毛の長さが
長くなるわけではありません。

そのため、まつ毛を長くするには
マスカラも必須のアイテムですよね。

でも、残念ながら
まつ毛パーマをした場合
マスカラをすることはおすすめできません。

おすすめできない理由として

  • クレンジングをする時に
    更にまつ毛を傷める
  • カールが取れやすくなる
  • まつ毛が弱くなる可能性がある

この3つのリスクがあります。

順に解説していきますね。

 

マスカラをすると
メイクを落とす時に
当然クレンジングをしますよね。

クレンジングをする時に
目元をこすったり
まつ毛を挟むようにして
マスカラを落とすことで
まつ毛が傷みます。

でもこれだけを聞くと
「それってまつ毛パーマしていなくても
傷むってことじゃないの?
マスカラ自体がいけないの?」
と疑問が出てきますね。

まつ毛はパーマをかける時に
ダメージを受けています。

ダメージがある状態で
さらにクレンジングをするため
通常よりもまつ毛が傷みやすいのです。

また、マスカラを落とす時に
まつ毛を挟むようにして
クレンジングしますよね。

まつ毛を挟むようにして
引っ張りながらマスカラを落とすために
せっかくの綺麗なカールが
取れやすくなるのです。

さらに、まつ毛にダメージを
与え続けてしまうことによって
まつ毛が弱って細くなったり
切れやすくなってしまいます。

マスカラをおすすめ出来ない理由は
マスカラ自体にあるのではなく
クレンジングにあるのです。

なのでウォータープルーフではなく
お湯で落とせるタイプのマスカラなら
まつ毛をそれほど傷めることもありません。

マスカラを落とす時に
まつ毛を必要以上に触ることもなく
優しく落とすことが出来るので
カールも取れにくいですよ。



まつ毛パーマをしている時のメイクで気を付けたい3つのこと!

まつ毛パーマを長持ちさせるため
また、まつ毛を傷めないために
気を付けることは
マスカラだけではありません。

まつ毛パーマをしている時の
メイクのポイントは

  • 目の粘膜にアイラインを引かない
  • マスカラではなくまつ毛美容液を塗る
  • 優しくクレンジングをする

この3つです。

 

アイメイクをする時に
目の粘膜部分にまで
アイラインを入れると
まつ毛の生え際を刺激してしまうので
まつ毛が抜けやすくなったり
向きが変わったりすることがあります。

そのため
綺麗なカールした状態を保つためにも
粘膜にまでアイラインをひくのは
やめましょう。

粘膜にひかなくても
まつ毛の生え際の少し上に
アイラインを引くことで
目を大きくはっきり見せることが
できますよ。

また、まつ毛パーマをして
しばらくすると
まつ毛の向きが
バラバラになってしまうことがあります。

これは
新しく生えてきたまつ毛が
増えてきたから。

まつ毛がバラバラになっていると
目の形も違うように見えるので
嫌ですよね。

そんな時はマスカラで
まつ毛の向きを整えたくなってしまいます。

でも、そこで
マスカラを使ってしまうと
クレンジングが必要になるので
まつ毛を傷めてしまう可能性があります。

そんなお時は
マスカラではなくて
まつ毛美容液で整えましょう。

まつ毛の向きをそろえるために使う
美容液は
コームが付いているものがおすすめです。

コームでまつ毛美容液を塗ることで
まつ毛の向きを綺麗に揃えることが
できますよ。


逆に
チップや指で塗るタイプのまつ毛美容液は
まつ毛の向きを揃えにくいので
使わないようにしましょう。

まつ毛パーマは
クレンジングでカールが取れてしまう
ことがあります。

そのため
マスカラをしていなかったとしても
目元のクレンジングは優しくしましょう。

そして、クレンジング自体も
オイルタイプではなく
ミルクタイプクリームタイプなど
優しめのタイプがおすすめです。

ちなみに、目元の皮膚は薄いので
たるみやシワになりやすいです。
まつ毛パーマをしていない時でも
できるだけ擦らずに
丁寧にクレンジングをするといいですよ。



まつ毛パーマでマスカラをした時の落とし方は?

まつ毛パーマしたまつ毛に
マスカラをした場合
マスカラの落とし方を間違えると
せっかくのまつ毛パーマがとれてしまいます。

まつ毛パーマがとれるのが嫌だからといって
マスカラを付けっぱなしにすると
まつ毛が弱って抜けてしまうこともあります。

まつ毛パーマをした時のマスカラの落とし方は

  1. 綿棒で優しく拭き取る
  2. 洗顔後、目元はタオルではなくティッシュで

この2ステップがポイントです。

まつ毛パーマの天敵は洗顔時に擦ることです。

手で洗うと優しく洗っているつもりでも
どうしても力が掛かってしまいます。

なので、マスカラを落とす時は
手で擦らずに綿棒でなぞるように
落としましょう。

綿棒にクレンジングを付けて
マスカラを塗る時と同じ要領で
マスカラを拭き取っていきます。

綿棒でまつ毛の向きに沿って拭き取るので
まつ毛がバラバラになる心配もないですよ。

アイラインも同様に
なぞるように落としていきます。

そして、クレンジングを洗い流した後
目元はタオルではなく
ティッシュを軽く押し当てて
水分を拭き取ります。



ティッシュだと繊維が細かいので
まつ毛が引っかかることもありません。

この一手間でまつ毛パーマが長持ちしますよ。

>>>まつ毛パーマの持ちは平均どれくらい?傷みが気になる時の対処法とは?

まとめ

今回は、まつげパーマをした時の
メイクについて紹介しました。

まつ毛パーマをすることで
まつ毛はダメージを受けているので
メイクでさらにダメージを与えないように
気を付けることが大切です。

私は30代になってから
「若い頃はもっとまつ毛があった気がする…」
と思うことがあります。
もっと丁寧にケアをしておけば良かったと
後悔しています。

私の場合はまつ毛エクステでしたが
まつ毛にダメージを与えるという意味では
一緒ですよね。

まつ毛パーマを
綺麗に長持ちさせるためだけではなく
年齢を重ねた時のことも考えて
まつ毛へのケアをして
綺麗なまつ毛を保ちましょう!

タイトルとURLをコピーしました