ゆず湯でピリピリかゆい!かゆい時の治し方や柚子湯の効果を紹介‼

スポンサーリンク

寒い冬は温かいお風呂で
体の芯から温まりたいですよね。

冬至だけじゃなく
普段のお風呂じゃ物足りない時に
ゆず湯に入って
癒されたいという人も
多いと思います。

でも、ゆず湯って入っていると
肌がピリピリしたり
かゆくなったりしませんか?

ゆず湯で肌がピリピリするのは
アレルギーではなく
柚子の成分が肌を
刺激しているせいなのです。

そこで今回は
ゆず湯でピリピリと痒くなる原因や
かゆい時の治し方
ゆず湯の効能についても
詳しく紹介します。

スポンサーリンク

柚子風呂でかゆいのはアレルギー?柚子風呂のかゆみの原因とは?

ゆず湯の香りって
癒しになって大好きなのですが
私も子供もゆず湯に入ると
ピリピリと痒みを感じるようになりました。

最初は
柚子に対してのアレルギーかな?
柚子が合わないのかな?
と考えていました。

でも今まで
ゆずの果汁や皮を使っている
食品を食べてアレルギー反応が
出たことはありません。

ということは
アレルギーは関係なく
ゆずの何かに原因があるということです。

気になったので
子供を皮膚科に連れて行った時に
先生に聞いてみました。

柚子に含まれる
リモネンという成分が酸化すると
肌を刺激して
ピリピリしたり痒くなったりする
そうです。

リモネンは洗剤にも使われていて
油を溶かす作用があります。

なので、余分な皮脂を溶かして
肌をつるつるにしてくれます。

 

でも、乾燥肌など
皮脂が少ない状態でゆず湯に入ると
必要以上に皮脂が奪われて
皮膚が刺激されることによって
よけいにピリピリしたり
痒くなったりするそうです。

また、皮脂が減って
肌が刺激に敏感になっている時に
柚子の果汁で
お風呂の酸性が
強くなっていることも
ピリピリの原因と考えられます。

 

中にはアレルギーで痒くなる人も
いるようですが
私の子供は柚子のアレルギーは
ありませんでした。

ゆず湯の作り方は簡単!冬至にしっかり温まるゆず湯の作り方を紹介!
今回は、ゆず湯の作り方や柚子で風呂場を汚さない工夫、ゆず湯に入るときの注意点を紹介します。冬至に「ゆず湯」に入ると1年を通して風邪をひかないと言われていますよね。今年の冬はゆず湯でしっかり温まって風邪をひかずに乗り切りましょう。

ゆず湯でピリピリ痒くなった時の治し方は?

かゆくなったときの対処法も
先生が教えてくれたので紹介しますね。

  1. かゆくなってきたら、かかずに
    すぐにゆず風呂から出る
  2. 出たらしっかりシャワーで流す
  3. ゆず風呂から出たら
    すぐにローションや保湿クリーム
    などでケア
    をする

これをすれば
すぐにかゆみやヒリヒリは治まります。
実際、私も子供もすぐに治りましたよ。

ゆず湯で絶対にピリピリかゆくならない方法とは?

 

ゆずの数を減らしたり
ゆずの皮だけを入れたりしても
ダメな場合は
お湯を入れた洗面器にゆずを浮かべましょう。

ちょっと反則技ですが

これなら皮脂が
奪われる心配がないので
かゆくなりません。

柚子を入れた洗面器を
湯船に浮かべれば
ゆず湯気分も高まりますよ。

揮発成分は香りとともに
浴室に拡がるので
リラックス効果やダイエット効果は
変わらず期待できますよ!

 

ゆず湯の効果・効能や由来は?

昔から愛されてきた柚子湯ですが
実はすごい効果があります。

・リラックス効果

柑橘類の香りを嗅ぐと
ホッとしませんか?
柚子などの柑橘類の香り成分には
リラックス効果があると言われています。

香りの成分は揮発性があるので
湯船に入れて温めると
香りがいっそう拡がって

リラックス効果もいっそう高まりそうですね。

・ダイエット効果

柚子に含まれるリモネンには
代謝を高めて
脂肪の分解を促進する
作用があり
ダイエットに効果があります。

以前、話題になりましたが
グレープフルーツの香りを嗅ぐと
ダイエット効果があるというのも
このリモネンの作用です。

・美肌効果

柚子には
ビタミンCが多く含まれていて
その含有量は柑橘類の中でも
トップクラスです。

ビタミンCには
保湿効果や抗酸化作用があり
また水やお湯に溶けやすい性質が
あります。

ゆず湯に入ることで
お肌の保湿と老化防止の両方が
期待できますよ。

・免疫力を高める効果

リモネンには
免疫細胞を活性化させる働きが
あるので
体の免疫力を高めて
菌やウイルスなど侵入を防ぐ効果
があります。
また、ガンの予防にも効果があると
言われています。

・疲労回復効果

お風呂にゆずを入れることにで
血行促進効果がより高まります。
血行が促進されることによって
疲労回復、腰痛や肩こり、冷え性
にも効果が期待できますよ。

 

ただし、ゆず(柑橘類)の
油分が付いたまま
強い紫外線を浴びると
メラニン色素が過剰に作られて
色素沈着や炎症を
引き起こすことがある
ので
注意が必要です。

冬の紫外線は弱いので
夜にお風呂に入れば
翌朝には問題ないですよ。

いろいろな効果が期待できる
柚子風呂ですが
江戸時代頃から
冬至にゆず湯に入ると
風邪をひかないと言われています。

冬至は日中の時間が一番短いので
太陽の力が一番弱い日で
この日を境に
太陽の力が回復していくと
考えられています。

太陽の復活とともに
運気を呼ぶこむため
柚子風呂に入って
身を清めるようになったと
言われています。

冬至に「ん」のつく食べ物を食べるとどうしていいの!?効果や由来を解説!
今回は、なぜ冬至に「ん」がつく食べ物を食べるのか、効果や由来など詳しく紹介します。昔から、冬至に「ん」の言葉がつく食べ物を食べると、良いと言われています。子どもの頃は何も思わずに食べていましたが、どうして冬至に「ん」のつく食べ物を食べるといいのか気になりますね。

 

ゆず湯の残り湯で洗濯しても大丈夫?ゆずは捨てるしかないの?
冬至でお馴染みのゆず湯。今回はゆず湯の残り湯で洗濯するときの注意点や残った柚子の使い道について紹介します!冬至にゆず湯に入ると、一年風邪をひかない、邪気を払うなどとされています。実際、ゆず湯には疲労回復や冷え性、美肌などたくさんの効果があり、冬至以外にもおすすめですよ。

まとめ

ゆず湯にはいろんな効能があるので
冬至の日に限らず
定期的に入浴したいですね。

かゆみやピリピリを感じたときは
すぐにお湯から出て
シャワーで流しましょう。

そして、保湿クリームなどで
しっかりと保湿をすれば
すぐに治まりますよ。

どうしてもダメな場合は
お湯を入れた洗面器に
ゆずを浮かべるだけでも
揮発成分が拡がって
ゆず湯の効果が期待できるので
試してみてくださいね。

ゆず湯に入ると風邪をひかないと
言われています。

風邪やインフルエンザなどの
感染症が多くなる季節は
ゆず湯で元気に乗り切りましょう。

>>>ゆず湯は赤ちゃんでも入れる?一緒に入る方法とは?

タイトルとURLをコピーしました