子育てと仕事の両立ってつらい?私が頑張れた理由と夕飯支度の仕方!

スポンサーリンク

あなたは子育てと仕事の両立についてどう感じていますか?

  • 育児休暇からの復帰した人
  • 家計のために最近仕事を始めた人
  • 子育て中だけどこれから仕事を始めようかと思っている人

それぞれに子育てと仕事の両立についての悩みがあると思います。私も外で長く働いていました。

そんなときに感じた子育てと仕事の両立について振り返ってみたいと思います。子育てと仕事の両立で悩んでいるあなたの気持ちが少しでも楽になったらうれしいです。

スポンサーリンク

子育てと仕事の両立を目指したものの保育園に預けられない⁉ でも頑張れた理由とは?

子供との触れ合い

そもそも私がなぜ子育てをしながら仕事をしようと思ったのか、子供が保育園に入れるまでドタバタ通勤経験、そして、子育てしながらも何とか仕事を頑張れた理由を紹介します。

私は高校を卒業してから、22歳で上の子を妊娠するまで、ずっと仕事をしていました。初めての妊娠で切迫早産の恐れがあるということから、いったん仕事から離れることにしました。私は自分の母親が専業主婦だったので、それと同じく子供ができてからは家で子育てをするつもりでした。

しかし、上の子が3歳、下の子が2歳の時に経済的不安を感じるようになって、毎月の貯金ができないことから仕事をしようと思いました。

仕事を始めるためには、まず子供を保育園に預けなければいけませんよね?そこで、市役所に保育園の申請に行きました。しかし、そのときに言われた言葉に驚きました。

まずは仕事を先に決めてください。申請はそれからです!

仕事を決めてから保育園の申請を出す・・・ん???そして現在は保育園に空きがない!

つまり、仕事を決めてきても、すぐに保育園に入れるわけではないのです。保育園の空き待ちをするために、まず仕事を決めろ!と市役所は言うのです。なかなか無理を言いますよね。

希望の職場へ面接に行っても、「子供の保育園がどうなるかわからなので、いつから勤務できるかわかりません」と言わなければなりません。そんな人、普通に考えて企業側は雇いませんよね?

そこで一度、私の子育てと仕事の両立の目標は断たれました。

どうしよう、1日でも早く働かないと家計が苦しくなる・・・毎日不安は募るばかりでした。

仕方がないので、身内に「保育園が決まるまで預かってほしい」とお願いしに行きました。そこは子供がいる家庭だったので、「あまり遅くならないなら」という約束で預かってもらえることになりました。それから面接に行って何とか仕事は決まりました。

やっと保育園の入園申請です。市役所に、「仕事を決めてきたから早く保育園に入れてくださいよ!」とキツめに言って保育園の申請を無事終えました。

私の仕事は朝9時から夕方5時までで、預け先の家は自宅から車で30分かかります。今まで自宅で過ごしていた私と子供たちは、朝6時に起きて朝食を食べなければいけなくなりました。それから預け先の家まで行って子供たちはそこで預かってもらい、私は会社へ向かいます。仕事が終わり子供たちを迎えに行って、夕方6時ごろ自宅に到着するという生活に変わりました。

子供たちも最初は遊びに行く感覚で喜んでいました。しかし、だんだん同じ場所に通って、しかも大人しか相手してくれないことに飽きてしまったようで、とうとう行きたくないと言い始めました。

それからは出発の時間になると泣き出すようになり、2人でぐずり始めました。仕事は休めないし、子供はぐずるしで手こずった日もありました。

でも、そんなときは「帰りにお菓子でも買って帰ろうか?」と言ってみたり、「今日の夕飯はあなたたちの好きなハンバーグにしようか?」などと言ってみたりして気を紛らわせながら切り抜けてきました。

こんな日々を過ごしているうちに、上の子の保育園が決まりました。仕事を始めて1ヶ月後のことでした。でも下の子はまだ未定ということで、先に上の子を保育園に預けることになりました。

そうなると、上の子は保育園、下の子は身内の家と、さらに生活がハードになりました。自分から子育てと仕事の両立をしようと思ったのに、途中でもう仕事なんて辞めてしまおうかと思うくらいに疲れてきました。

でも、せっかく決まった保育園、子供も頑張っているのだからと思い、せめて半年は頑張ろう!と考えなおしました。そんな生活をさらに1ヶ月続けたとき、下の子の保育園入所が決まりました。たまたま、1人辞めたということで入れたので、その子が辞めなければもっと待っていたことになります。今思えば恐ろしい話です。

今までお世話になっていた身内には心からの感謝の気持ちで、今でも頭が上がりません。2人を保育園に預けてからの仕事は、以前にくらべて本当に楽になりました。

子供も最初の頃は、保育園に行きたくないなどと言ったりしていましたが、さすが保育園!といった対応で、私の姿が見えなくなれば楽しく過ごしているそうです。

どれだけ仕事に疲れても、保育園に迎えに行った時の「ママ!」と駆け寄ってくる子供の姿に癒されて頑張れました。この満面の笑みは子育てと仕事の両立をしていなければ見られない笑顔だと思います。これだけは頑張っている母の特権かなと思っています。

たまに平日に休みが取れたら、子供は保育園に連れて行って自分の時間を過ごしてもいいですし、子供も休ませて触れ合う時間を作ってもいいですよね。

私は、普段、子育てと仕事の両立で大変だからこそ、たまのお休みには思いっ切り子供と触れ合いたくなります。どうしても疲れが溜まっているときには、ゴロゴロしたりもしていましたが・・・。

子育てと仕事の両立は辛いことばかりではありません。子育ての仕事の両立は確かに大変ですが、子供との絆も深まりますよ。

子育てと仕事の両立で一番大変なのは夕飯の準備!?たったこれだけで解決!

夕飯の準備

子育てと仕事を両立させようとすると、帰宅後のスケジュールが慌ただしくなりますよね。

私の場合は家に到着するのが5時半から6時くらいで、それからご飯の準備でした。子供は保育園で3時のおやつは食べていますが、食事の時間は7時から7時半になるのでお腹はペコペコです。とても待てないので何かを食べたいと言い出します。

でも、そこでお菓子やパンなどを食べさせると、夕飯までにお腹が満たされてしまって肝心の夕飯が食べられず残したりします。解決策として、そんな時には夕飯の一部を食べさせておくようにしました。

例えば、献立でメインが豚の生姜焼き、副菜がほうれん草のお浸し、冷奴、ご飯、みそ汁だったとすると、その一部のほうれん草のお浸しを少しだけ先に食べさせます。冷奴でもいいですよ。

注意してほしいのは、あまり糖分の入っていないものを与えるということです。お菓子やパンなどを食べさせるのはよくありません。糖分(炭水化物)が入っていると、血糖値が上がって満腹中枢が刺激されてしまいます。炭水化物の少ないおかずを少しだけ食べさせてあげましょう。

また、夕飯の献立は、1時間もあればできる簡単なものをあらかじめ考えておきます。

煮物などは休みの日に作って冷凍しておけば、食べるときに温めるだけでOKです。

豚の生姜焼きなら、休みの日に肉に味付けして冷凍しておいたものを、朝のうちに冷蔵庫へ移しておきます。帰宅した時には解凍されているので、そのまま焼けば完成です。

ほうれん草のお浸しも、ほうれん草を切って冷凍しておけば、解凍して味付けしたら完成です。

すぐに作れるものを休みの日に考えながら買い物をするのも楽しいですよ。休みの日に色々と作るのも、料理が好きな私には息抜きになって楽しいです。

これは子育てと仕事の両立をしているからこその楽しみだと思います。何でも前向きに考えて楽しんでしまいましょう人生、楽しまなければ損ですよ!

子育てと仕事の両立は、いかに楽しく過ごせるかを考えてこそ頑張れるんだと思います。私は今、仕事をしていませんが、早く仕事をしたいと探しているところです。仕事が見つかったら、また子育てと仕事の両立を楽しみたいと思います。

まとめ

子育てと仕事の両立は、私も初めは正直大変で苦痛でしかありませんでした。でも、だんだん自分でも要領がつかめてくるものですよ。

あなたも今は大変と思っているかもしれません。今は時間に追われる毎日だとしても、ある程度の手抜きをして、気を張らず、楽しく過ごすことを考えれば、子育てと仕事の両立はきっとうまくいきます。こればっかりは慣れですよ。

最初は半年頑張ってみよう、半年過ぎれば1年頑張ってみようと、少しずつ期限を延ばしていきましょう。いつかきっと楽しく両立できる日が来ますよ。ただし、目標の期限の時に限界を感じれば、いったん仕事を離れるのも手ですよ。

目標をもって一緒に頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました