アマゾンプライム会員はひどい⁉返金してもらえるって本当?

スポンサーリンク

Amazonのプライム会員は、いろんな特典があるので私も入っています。

一方、ネットなどにはプライム会員制度はひどいと言う意見も散見されます。

でも、気づかないうちに有料会員になってしまっていても、サービスを利用していなければ返金もしてもらえるので安心してくださいね。

そこで今回は、アマゾンプライム会員がひどいと言われている理由、プライム会員のメリットや料金から解約方法まで詳しく紹介します。

スポンサーリンク

amazonプライム会員のメリット、料金や支払い方法などの基礎知識!

まず初めに、アマゾンのプライム会員になると得られるメリットについて紹介します。

プライム会員になると以下の特典が得られます。

  1. ✔Primeマークの付いた商品は送料無料、「お急ぎ便」「日時指定便」が使い放題
  2. 対象の映画・TV番組・アニメが見放題(Prime Video)
  3. 邦楽・洋楽の約200万曲が無料で聞き放題(Amazon Music Prime)
    ※月880円プラスで9000万曲聞き放題のAmazon Music Unlimitedに
  4. 写真を容量無制限で保存可能(Amazon Photos)
  5. 対象のKindle本(雑誌や漫画含む)1000冊以上が読み放題(Prime Reading)
    ※月980円プラスで書籍から雑誌まですべて読み放題のKindle Unlimitedに
  6. 対象の洋服や靴などを往復送料無料で4点まで試着してから購入できる(Prime try before you buy)
  7. らくらくベビーに無料登録すれば、対象のベビー用品が10%OFF(最大1万円OFF)

 

1の送料や日時指定が無料になるのはプライム会員の目玉です。

私的には2のプライムビデオが一番のオススメです。映画やアニメが好きな人ならこれだけで十分元を取れますよ。

子供がいる家庭では、夏休みなど長期休暇に合わせて、その都度1ヶ月だけ入会するのもアリですね。

長期休暇に合わせて、ドラえもんやポケットモンスターなどの子供向け映画を充実させてくれるのも嬉しいポイントです。

fire tv stickを購入すれば、簡単にテレビの大画面で観られますよ。

3のMusic Primeは流行の楽曲などは対象外のものが多いですが、懐かしい曲などはアルバムごとダウンロードできるものも多いので、それなりに重宝しますよ。

ただし、5のPrime Readingに関しては、読みたい本があったらラッキーといった程度なので、もう少し頑張って欲しいところです。

 

これらの特典が月500円、年払いならナント年4900円で利用できます。

もしあなたが学生なら月額250円、年払いなら2450円で利用できますよ。

 

Amazonプライム会員「30日間の無料体験」はこちら

 

また、支払い方法には以下の4つの方法があります。

  1. クレジットカード
  2. あと払い(ペイディ)
  3. 携帯決済
  4. Amazonギフト券・Amazon種類別商品券またはクーポン

コンビニや銀行振込で支払いたい場合は、ペイディに登録すれば可能ですよ。

amazonの携帯決済は危険?初回認証が何度も繰り返される時の対処法は?
今回は、amazonの携帯決済に危険性はあるのか、また、初回認証が何度も繰り返されて進めないなどの携帯決済に関するトラブルの対処法について紹介します。携帯決済(キャリア決済)は、クレジットカードを持っていない人にはとても便利なサービスですよね。でも、この携帯決済って安全なのか不安に思うこともありませんか?

アマゾンのプライム会員制度がひどいと言われる理由とは?

ネットなどで見かけるamazonプライムがひどいという情報。

その内容を見てみると主に次の2つに分けられます。

  1. 買い物の時に気づかずに無料体験に登録してしまい、そのまま有料会員に移行してしまった
  2. 解約方法がわかりにくい

1については、かなり頻繁に無料体験を促す案内が出てくるので、うっかり登録してしまうことがあるかも知れません。

また、家族で同じアカウントを利用している場合、自分が会員登録していなくても家族の誰かが登録している可能性もあるので確認してみましょう。

プライム会員情報で「更新前にお知らせを受け取る」にチェックマークを入れておくと、期間終了3日前にメールが届くのですが、なぜか初期設定では届かないようになっているんですよね。

この点に関しては、個人的には悪意があると言われても仕方がないと思います。

気持ちよくプライム会員を無料体験してみて欲しいなら、デフォルトでチェックありにしておくべきだと思います。今後の改善に期待しましょう。

ただし、プライム会員になった時点で「Amazonプライムへようこそ」といったメールが届くので、しっかりメールをチェックしておけば気づくことができますよ。

2の解約方法については、以前は分かりませんが、今は簡単に解約手続きが行えるので問題ないと思われます。

解約方法については次章で詳しく紹介します。

アマゾンプライムは解約がめんどくさい?解約方法を紹介!

アマゾンプライム会員の解約はとても簡単です。

また、特典の利用がない場合、直近の会費の全額が返金してもらえます。

うっかりお試し期間を過ぎてしまったとしても、特典を利用していない場合は1ヶ月以内にキャンセルすれば返金してもらえるということですね。

それでは、プライム会員の解約の仕方を紹介しますね。

  1. Amazonにログインします。
  2. 「アカウント&リスト」のプルダウンメニューから「amazonプライム会員情報」を選択します。
  3. 「プライム会員情報」を選択して「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」をクリックします。

 

どうせ会員になったのなら期限ギリギリまで利用したいですよね?

そんな時は、上記3の「プライム会員情報」を選択して「更新前にお知らせを受け取る」にチェックを入れておくと更新日の3日前にメールが届くので安心ですよ。

Amazonプライム会員「30日間の無料体験」はこちら

まとめ 結局プライム会員に入った方がメリットがある人ってどんな人?

今回は、amazonプライム会員について紹介しました。知らないうちに会員になって料金が引き落とされていると確かにヒドイと感じてしまいますよね?

しかし私的には、プライム会員は多くの人にとってメリットがあると思っています。

プライム会員情報のページで送料や限定セールでどれくらい得になったかも表示されますよ。

ちなみにヘビーユーザーでもない私でも、1年で配送、セール、ポイントで10650円、年会費を引くと5750円お得になっていました。

プライムビデオも散々観ているので、今の条件での退会は考えられませんね。

次のような人はメリットが大きいので、プライム会員がオススメですよ!

  • 月1回は買い物をする
  • 映画が好きで月に2、3本は観る
  • 音楽をよく聞く
  • 洋服や靴を試着してから買いたい
  • 小さい子供がいてベビー用品を良く買う

Amazonプライム会員「30日間の無料体験」はこちら

タイトルとURLをコピーしました