アイスクリームに賞味期限はない?溶けたアイスは再冷凍してもOK?

夏場には欠かせない
アイスクリーム。

我が家でも冷凍庫の一角は
買い置きのアイスクリームで
占められています。

でも、涼しくなってくると
すっかり忘れてしまって
ある日、だいぶ前に買った
アイスクリームが見つかった…
なんて経験ありますよね?

賞味期限を確認しようと
パッケージを見てみても
どこにも書いてない…。

今時、賞味期限も消費期限も
書いてないなんて不思議ですよね。

実はアイスクリームには
賞味期限がないんです。

そこで今回は
アイスクリームに賞味期限がない
理由について解説します。

また、一度溶たアイスクリームを
再冷凍して食べてもいいのか
についても紹介しますよ。

アイスクリームの賞味期限がない理由とは?

私も以前、古いアイスクリームを
冷凍庫で発見した時に
賞味期限を確認しようとして
見当たらず不思議に思った経験があります。

その時は1、2年くらいなら
大丈夫だろうと
何の根拠もなく食べましたが
結果的にはOKだったようです(笑)。

冒頭でも紹介した通り
アイスクリーム類には
賞味期限はありません。

 

基本的にアイスクリームは
冷凍庫でー18℃以下で保存されます。

安定的にこの温度で保存すれば
腐敗などの原因となる微生物は
ほとんど増殖できません。

もともとアイスクリーム自体が
安定的な食品だということもあり
ー18℃以下で保存すれば
品質がほとんど劣化せずに
長期間保存することができるんです。

そういうわけで
安定的にー18℃以下で保存する限り
アイスクリームに賞味期限はなく
食品衛生法においても
アイスクリーム類・氷菓については
賞味期限の記載義務が免除されています。

つまり、アイスクリームは
何年前のものでも
食べても大丈夫と言うことになりますね。

 

しかし、一般の家庭では
冷凍庫に食材を詰め込み過ぎて
冷気が全体に行きわたらなかったり
頻繁に開け閉めするので
アイスクリームの表面が
溶けたり凍ったりを繰り返すことがあります。

このような場合は
安定的にー18℃以下で保存している
とは言えないので
やはり少しずつ品質が
劣化していくことが考えられます。

本来の品質で美味しく食べるには
1ヶ月程度を目安に食べましょう。

古いアイスクリームを発見した時は
食べる前に見た目や臭いを
確認してから食べましょう。



なお、賞味期限の表示に関しては
明治が2021年4月を目処に
全商品に対して賞味期限を
記載することを決定しました。

明治といえば
アイスクリーム大手の一角です。

賞味期限の表示は
今後、業界全体に波及するかも
知れませんね。

溶けたアイスクリームは再冷凍すれば食べられる?

もう一つのアイスクリームあるある。

冷凍庫に入れ忘れたり
冷凍庫がきちんと閉まって
いなかったりで
アイスクリームが溶けてしまった…。

こんな時に
アイスクリームをもう一度凍らせて
食べても大丈夫なのか気になりますよね。

結論から言えば
すぐに凍らせれば
食べても特に問題はありません。

しかし、アイスクリームは溶けると
均一に含まれる気泡などが
表面に浮いてきてしまうので
再冷凍しても風味や口どけ、食感は
元には戻りません。

 

私も試してみたことがありますが
表面に脂肪分が多い層ができて
硬くなってしまったり
滑らかな口どけが失われたりして
かなり残念な結果になりました。

冷凍庫で完全に凍るまで放置せずに
少し凍った状態になったら
全体が均質になるように
時々混ぜながら凍らせていけば
少しは元の状態に近くなるかも知れません。

そこまで手間を掛けてでも
食べたいかという問題はありますが。

また、溶けた状態のまま
時間が経ってしまった場合は
雑菌が繁殖している可能性もあるので
あきらめた方が無難です。



まとめ

今回は、アイスクリームの
賞味期限や再冷凍について
紹介しました。

アイスクリームに賞味期限はありません。

でも、家庭の冷凍庫は
頻繁に開け閉めするので
アイスクリームの表面が
解凍と冷凍を繰り返すことによって
少しずつ劣化してしまいます。

本来の美味しさを楽しむなら
1~2ヵ月以内に食べ切るようにしましょう。

また、一度溶けてしまった
アイスクリームを凍らせて食べても
特に問題はないですが
脂肪分や空気が分離してしまうので
再冷凍しても元の品質には戻りせん。

溶けて時間が経ってしまった場合は
雑菌が繁殖している可能性もあるので
あきらめましょう。

タイトルとURLをコピーしました