ウォーキングに精神を安定させる効果あり!効果的な方法とは?

スポンサーリンク

あなたはストレスが溜まったとき
どうやって発散していますか?

コロナと共存しつつある今
オフィスワークから在宅ワークへと
切り替わる人も多く
必然的に家にいる時間が多くなりますよね。

毎日同じ場所で同じ作業を
繰り返していると
人間はストレスがたまり
精神状態や体に影響が
出ることがあります。

そういったことを防ぐために
多くの医師が勧めているのが
生活の中に軽い運動を取り入れること。

でも、運動といっても
たくさんあって悩みますよね。

そんなあなたにオススメなのが
ウォーキングです!

ウォーキングは
自分のペースで歩けて
好きな時に好きなだけできる
手軽な運動なのに
かなりの効果が期待できるんです♪

今回はそんなウォーキングが
精神に与える効果について紹介します。

スポンサーリンク

セロトニンはウォーキングでも分泌される!効果的な歩き方とは?

あなたはセロトニンという言葉を
聞いたことがありますか?

セロトニンは
脳内神経伝達物質の一つで
分泌されることで
感情のコントロールや
精神を安定させてくれます。

幸せホルモンとも呼ばれています。

また、セロトニンは
ストレスを感じることで
分泌量が少なくなる傾向があります。

セロトニンが少ないと
うつ病などの原因にもなってしまい
私たちの体には必要不可欠なものです。

抗うつ剤には
セロトニンを増やす作用が
あります。

このことからも、セロトニンが
精神的に大きな役割を
果たしてくれていることがわかりますね。

 

そんなセロトニンは
ウォーキングなどのリズム性運動で
分泌が促進されることが分かっています。

そのことから医学的にみても
ウォーキングをすることは
ストレス発散や
精神状態の安定につながる
ということになるんですね。

 

さて、そこでセロトニンを増やす
効果的なウォーキングをするための
大事なポイントを紹介しましょう。

  • 週に2〜3回
  • 30分ほどの歩行
  • 頑張りすぎない

この3つがとても大切です。

ダイエット目的でない限り
ウォーキングは週2〜3回ほどで
十分に効果があるとされています。

体の細胞が活性化されるのは
運動してから20〜30分後
とされているので
無理して長時間歩く必要はありません。

毎日ハードに長時間行うと
逆にそれがストレスになってしまう
ということもあります。

あくまでもリフレッシュ感覚で
好きな時に好きなだけ歩くように
してくださいね♪

また、セロトニンは
1日に15~30分ほど日光を浴びる
分泌されやすいとも言われています。

朝起きたら15分程度
気持ちのいい朝日を浴びるのもいいですね。




私自身、以前は交通機関を利用して
通勤していましたが
毎日同じことを繰り返していると
ストレスが溜まってしまい
それが体調に表れるようになりました。

現在は通勤を徒歩に変えて
毎日必然的に歩いているのですが
気持ちもポジティブになって
体調を崩すこともなくなりましたよ。

 

時間の空いた時に
少しづつ行うだけでも
効果が現れてきます。
ぜひ参考にしてくださいね♪




ダイエット目的のウォーキング法は
下の記事で紹介しています。
興味があれば読んでみて下さいね。

>>>ウォーキングは2 週間で効果でる?効果が出る期間や歩き方を解説!

セロトニンを増やす食べ物とは?

セロトニンを増やす上では
運動だけではなく
食事も大事になってきます。

セロトニンを合成するためには
必須アミノ酸のトリプトファン
必要不可欠です。

トリプトファンは
うつ病などの精神疾患だけではなく
不眠症などの睡眠障害にも
効果があるとされています。

また、トリプトファンは
体内で十分な量を合成できないため
毎日の食事から取り入れることが必要です。

 

トリプトファンが多く含まれる食べ物は

・大豆製品
豆腐・納豆・醤油

・乳製品
牛乳・チーズ・ヨーグルト

などが代表的です。

その他にも
穀類や肉・魚・ごま・ピーナッツ・
卵・バナナにも含まれていますよ。

 

1日3食で
バランスよく取るのがベストですが
なかなかそう簡単にはいきませんよね…

そんな時は
朝食に重点を置いて摂るのが
オススメです。

3食のうちでも朝食は特に
脳や細胞の活性化にも繋がります。

朝食でしっかりと
トリプトファンなどの栄養素を
取り入れることで
体の土台をつくり
セロトニンを増やす手助けを
してくれますよ。

忙しいとしっかりとした食事が
摂れなかったり
栄養が偏りがちですよね。

ですが、たかが食事されど食事
というように
食事が体の土台であり
作り上げているものです。
運動と睡眠だけでは補えないものも
食べ物からは補えます。

この機会にぜひ見直してみてくださいね。



まとめ

いかがでしたか?

ストレスに弱い人、強い人
色々なタイプの人がいますが
案外ストレスを
日頃から感じていることに
気づかない人も多いようです。

ストレスを溜め込むと
体調を崩しやすくなったり
精神的にも大きく影響が出てきます。

そうならないためにも
定期的にリフレッシュすることが
大事ですね。

今回紹介したもの以外にも
自分なりのストレス発散法があれば
ぜひ継続してくださいね。

気持ちをリフレッシュして
幸せホルモンを増やしていきましょう♪

タイトルとURLをコピーしました