日焼けでニキビが大量にできた⁉その理由と対処法とは?

スポンサーリンク

日焼けして何故か肌荒れ…
そんな経験はありませんか?

実は、紫外線による肌への影響は
日焼けだけではないんです。

日焼け止めを正しく使っているはずなのに
出来てしまうニキビ…

夏になり日差しが強くなると増えるニキビ…

今回は日焼けで出来てしまった
ニキビについてお話しします。

原因と対処法がわかれば
これからの夏も怖くないですね!

スポンサーリンク

日焼けでニキビができる理由とは?

日焼けでニキビが出来てしまった場合
原因は紫外線にあります。

紫外線で出る肌への影響としては
日焼けやシミだけでなく
シワたるみ肌荒れ
アレルギーによる発疹などがあります。

 

本来、お肌には
肌表面を覆っていてバリア機能を持つ
保護膜があります。

これは、外的刺激(ほこりや花粉)から
肌を守ってくれたり
肌内部の水分の蒸発を防いだりと
とても大事な役割を果たしてくれています。

お肌が紫外線によりダメージを受けると
肌の角層の生成が乱れて
保護膜がうまく生成されなくなります。

そして保護膜が薄くなることで
バリア機能が低下して
お肌が敏感になったり
荒れてしまったりします。

バリア機能が弱くなっている時は
肌が敏感な状態になっているので
ニキビだけでなく、発疹や痒みなど
その他の炎症を引き起こしてしまう
可能性もあります。



バリア機能が低下している状態で
何度も紫外線の影響を受けると
肌荒れがなかなか治らなかったり
悪化したりすることがあります。

そのため、日焼けで肌荒れした際には
バリア機能を補うケアを
していくことが重要になります。

>>>日焼けのぶつぶつがかゆい時はどんな薬がいいの?むくみはいつまで?

ニキビの治し方で即効性がある方法は?

ニキビには様々な種類があって
皮脂過剰によってできる「白ニキビ
乾燥や日焼けが原因の「赤ニキビ
などがあります。

当然、原因によって
治し方も変わってきますよ。

 

日焼けでできるニキビは
赤い発疹が広範囲に広がっていたり
ただれたように膿を持ったニキビが
できるのも特徴です。

先ほどもお伝えした通り
日焼けでニキビができた場合
お肌は紫外線の影響で乾燥状態にあり
バリア機能も弱くなっています。

バリア機能を高めるケアをしていけば
自然と肌荒れも落ち着いてきて
荒れにくい肌もつくってくれます。

 

バリア機能を高めるケアとしては
化粧水と乳液を使って
お肌を保湿していくことが重要です。

日焼け後の肌は乾燥している状態なので
水分を多く取り込むことが大切です。

乾燥地帯の砂漠には
植物は生えないですよね。

それと同じで
水分をたくさん入れてあげると
肌の細胞生成を促してくれたり
新陳代謝を高めてくれたりします。

普通に化粧水を使うだけでもいいですが
化粧水で10分ほど
ローションパックをしてあげると
さらにお肌が潤うのでおすすめですよ。

 

化粧水の後には
乳液でお肌の保湿をすることで
化粧水で補った水分の蒸発を
防ぐ役割があります。

また、乳液は人工的につくる
保護膜のような役割を果たしてくれるので
肌の免疫を高める効果もあります。

日焼け後の肌には
少し多めに乳液を使うのも
おすすめですよ。

 

基本的には化粧水と乳液の二つで
肌荒れは徐々に治癒していくでしょう。

オロナインや市販されている
ニキビ専用クリームを使うのもいいですが
シンプルなケアの方が
日焼け後のお肌には
優しいケアができます。

大体一週間ほどで
肌荒れが良くなってきますが
それでも悪化してきた場合は
皮膚科を受診しましょう。

皮膚科であれば
お肌にあったお薬を処方してくれるので
確実に治療できますよ。



また、注意してほしい点としては
日焼け後のお肌は
かなり乾燥状態にあり
さらに肌荒れもしているとなると
肌はかなり敏感になっています。

そのことから
肌には極力摩擦を減らすように
気をつけましょう。

荒れている状態で摩擦を加えてしまうと
肌荒れの悪化だけでなく
色素沈着の原因にもなってしまいます。

 

予防策として
日焼け止めがありますが
日焼け止めは
時間と共に汗で流れたり
よれたりします。

1〜2時間ごとに塗り直しをすると
効果も持続してくれますよ。

 

日焼け止めの塗り直しの仕方(顔)

  1.  日焼け止めをパール粒大で出す
  2. 手のひらでなじませ、顔を包むようにハンドプレスする
  3. 1〜2を肌全体に行き渡るように繰り返す

 

塗る時には、ハンドプレスして
肌につけることを意識して
肌に伸ばさないように
気をつけてくださいね。

このぬり直しの方法なら
メイクの上からでも崩すことなく
日焼け止めがぬれるのでおすすめです。

 

体に塗りなおす場合は
普段つけるように
上から重ねて伸ばせば大丈夫です。

スプレータイプの日焼け止めなら
手を汚さずに
日焼け止めのぬり直しができて
便利ですよ。



普段から保湿ケアを行うことで
日焼けをしても荒れにくい
お肌をつくり出すこともできます。

毎日のケアで
意識して対策してみてくださいね♪

>>>肌荒れで化粧できない⁉これだけはしておきたいメイクのポイントとは?

まとめ

日焼けで肌荒れしてしまったら
せっかくの夏も楽しく過ごせませんよね…。

紫外線は日焼けだけでなく
肌荒れまで引き起こしてしまうので
これからは紫外線対策をしっかりして
楽しく夏を乗り切りましょう♪

タイトルとURLをコピーしました