日焼けのぶつぶつがかゆい時はどんな薬がいいの?むくみはいつまで?

スポンサーリンク

海に山にBBQ…
いろんなレジャーができて楽しい夏。

ついつい日差しのことを忘れて
楽しんでいると
気づいた時には日焼けしちゃった…
なんてことはよくありますよね。

気づいた時には時すでに遅し…
日焼けして痛みや赤み
ぶつぶつの発疹までできてかゆいことも。

今回は、夏に多い
日焼けによる肌トラブルについて
お話ししていきます!

ただの日焼けと思って放置しているそれ…
肌からのSOSかもしれませんよ。

スポンサーリンク

日焼けでできたブツブツがかゆいときの薬はコレ!

日焼けとは
日に焼けてできる軽度の火傷
のことを指します。

日焼けによってブツブツが出てきた時
肌にはアレルギーやかぶれなどの
炎症が起きていることが多いです。

この状態になったら
お肌からのSOSと思ってください。

しっかりとした処置しないと
悪化したり、跡に残る場合もあるので
適切なケアをしましょう。

 

日焼けした後すぐに症状が出た場合

日焼け直後であれば
まず患部をすぐに冷やしましょう。

保冷剤や氷などをタオルで包んで
患部にあてて冷やしていきます。

そうすることにより
炎症の進行を抑える効果があります。
軽度のものであれば
かゆみも抑えることが出来ますよ。

ここで注意する点は
冷やす際に保冷剤を直接肌に当てないこと。

直接当てると
低温やけどの危険性もあるので
気を付けて下さいね。

また、かゆみが出た場合でも
患部はかかないように気をつけましょう。

これらは
炎症を悪化させる原因にもなるので
気をつけてくださいね。

 

かゆみを抑えるには
アロエジェルもおすすめです。

アロエには抗炎症作用があるので
かゆみを和らげてくれます。
日焼け以外の火傷や炎症にも効果的です。

また、高い保湿効果も期待できるので
乾燥を防いだり、傷の治りを早めてくれます。




日焼けしてしばらくたってから症状が出た場合

日中はなんともなかったのに
夜になるといきなり
症状が出てくることもあります。

これは、強い日差しに当たっていなくても
アレルギー反応が起きて
このような症状が出ることもあります。

かゆみがある場合には
アロエジェルなどを使用して
経過をみるのが良いでしょう。

もし、それでも
酷いかゆみを感じるのであれば
ステロイド系の軟膏を使えば
すぐに炎症を止めることができます。

市販で売っているステロイド軟膏では
ベトネベートクリームフルコートF
などがあります。

ステロイドは
高い抗炎症作用が期待できるので
一向によくならない場合は
使用するのもおすすめです。

いくつか種類があるので
薬剤師に相談して選んでもらいましょう。

 

ブツブツやかゆみなどの
症状があった場合でも
基本的には2〜3日で
症状がおさまることが多いです。

このような症状があったときは
まずは冷やし、保湿をして
様子を見てください。

ですが、我慢できないほどのかゆみや
水膨れのようになっている場合、
2〜3日たっても回復が見られない時は
すぐに皮膚科を受診しましょう。

症状を自己分析して
薬を使うとかえって悪化させたり
跡に残してしまうこともあります。

皮膚科でお医者様の診断を受けてから
自分にあった薬を選んでもらう方が安心ですよ。




日焼けのむくみはいつまで続く?原因と対処法とは?

日焼けをした後に
肌が張ったようにむくむことがあります。

原因としては
紫外線を長時間浴びることによって
皮膚が軽い火傷のような炎症をおこし
むくみや発疹、灼熱感を引き起こしています。

基本的には2〜3日で治りますが
ひどい場合だともっと長引くこともあります。

対処法としては
日焼けをしてからできるだけ早めに
氷や保冷剤などで冷やして熱をとることで
早めに症状を抑えることが出来ます。

冷やした後は
アロエジェルや化粧水・乳液などで
お肌にうるおいを与えて
保湿をしてあげましょう。

保湿をすることによって
お肌のターンオーバーが促進されるので
肌の回復が早くなりますよ。

保湿をしっかりしないと
皮がむけてきたりするので
冷やした後は必ず
保湿ケアを行ってくださいね。

むくみが酷すぎるときや
痛みが生じる場合は
皮膚科でお薬を処方してもらうことも
できますよ。

 

予防として、普段から
日焼け止めや日傘などを使うこと
おすすめします。

また、紫外線は
くもりや雨の日でもお肌に影響するので
日頃からのケアに気を遣ってくださいね。

 

日焼け止めは
肌に浸透するまでに約20分ほどかかる
とも言われています。

外に出てから塗っても遅いので
外出前には塗るようにしましょう。

長時間外にいる場合は
汗や水に強いウォータープルーフタイプが
おすすめです。

海水浴をする時には
日焼け止めが水で流れることも多いので
1〜2時間ごとに日焼け止めを
上から重ねて塗り直ししましょう。

最近ではスプレータイプの日焼け止めも
多く発売されているので
手を汚さず塗ることが出来ます。

様々なタイプの日焼け止めがあるので
自分の肌にあったタイプを見つけて
日焼け予防をしていきましょう。



まとめ

いかがでしたか?

日焼けで起きる肌トラブル…
早めに対処すれば治りも早いので
気をつけましょうね。

これから楽しい夏本番!
日差しに負けないように
しっかり日焼け対策をして挑みましょう♪

タイトルとURLをコピーしました