眉メイク初心者はまず何からするべき?失敗しないポイント3選!

スポンサーリンク

メイクをするうえで
眉毛の形はとても大切ですよね。

きれいに眉メイクをするには
きちんと眉毛を整えないとできません。

眉毛の難しいところが
「左右対称にする」
という事だと思います。

眉毛ってよく見ると
左右対称に生えていなかったり
左右それぞれは綺麗でも
左右対称に整えられなくて変になることも…。

そこで、今回は
眉毛を整える基本の3ステップをご紹介します。

また、整えた後の気になるメイクの仕方も
併せて紹介しますね。

スポンサーリンク

眉メイクの基本!眉を整える3ステップとは?

眉毛を整えたことがない人に
ありがちな失敗が
「整えたけどなんか違う…」
「整えたのにメイクをしてみたら
眉毛が上手に書けなくなった」
という2つです。

失敗しないためには
次の3ステップで整えるといいですよ。

  1. したい形の眉毛を書く
  2. 眉毛をはさみでカットする
  3. 必要ない眉毛をシェーバーで短くする

「眉毛を整えるのに眉毛を書くの?」と
疑問に思うかもしれませんね。

でも、まず
眉毛をきちんと書いておくからこそ
したい眉毛の形にできるんです。

せっかく眉毛を整えたのに
思っていた形と違うと感じてしまうのは
完成した眉毛の形が
しっかりイメージできていないことが
原因です。

なので、眉毛を初めに書いておくことで
いらない毛や長さを整えるべき毛が
はっきりわかるようになるんです。

私も実際に眉毛を整える時は
メイクをしている時に
整えるようにしています。

メイクの時に整えるようになってからは
失敗しなくなりましたよ。

 

なりたい眉毛を書くことが出来たら
いらない毛をハサミでカットします。

眉毛をよく見ると瞼にも毛があったり
眉間にも薄く眉毛が生えていますよね。

そういう所もちゃんと
ハサミで切ることが大切です!

ハサミで短く切っておくことで
その後シェーバーで剃りやすくなりますよ。

でも、眉毛の長さは
どれくらいにしたらいいのか
疑問に思いますよね?

確かに、眉毛が長すぎると
眉メイクもしづらいです。

そんな時は
眉毛コームを使うようにしましょう!

眉毛の生え方に合わせて
コームを使ってとかします。

大体の人は
眉頭の方は上に向かって生えていて
眉尻に行くほど下向きになっているので
眉頭は下から上へ
眉尻は上から下へととかします。

眉毛コームでとかした時に
眉毛を書いた部分よりも長い場合は
書いた部分に合わせて
ハサミで切りましょう。

ただ、眉毛って
髪の毛みたいに長くないので
コームを使ってとかしても
すぐ元の状態に戻ってしまって
整えにくいです。

そんな時は
コームに水を付けるといいですよ。

水に付けることで眉毛も濡れるので
とかした時の状態を長く保ってくれます。

そうすれば
ゆっくりと丁寧に
眉毛を切ることができますよ。

 

そして、最後はシェーバーの出番です。

シェーバーを使う前に
メイクを落とします。

メイクを落とすと
ハサミで切った短い毛が
分かりやすいです。

その短い部分を
シェーバーで更に短くしましょう。

 

この3ステップをすることで
綺麗に眉毛を整えることができますよ。

顔の中でも眉毛って
大きく印象が変わるパーツなので
大切です。

初めて整える時は緊張しますが頑張って!

やってみるとそんなに難しくないですよ。



どれが正解⁉眉メイクを失敗しない3つのポイントとは?

うまく眉毛を整えられたら
次はいよいよ眉メイクです!

「眉毛を整える時に眉毛を書いたから
それでいいんじゃないの?」
って思っていませんか?

眉毛を整えるために書いた眉毛は
眉毛の形を整えやすくするためです。

眉メイクは顔に馴染むように
自然に書くことが大切なので
少しポイントが違います。

眉メイクのポイントは

  • 眉頭は薄く
  • 眉尻は細く
  • 下のラインを綺麗にする

この3つです。

でも、これだけ言われても難しいですよね。

私も20年近くメイクをしていますが
それでも眉毛を書くのは難しいって
思います。

今でも眉毛を書く時は
すごく真剣にならないと
上手に書けないです。

なので、この3つを簡単にできる
私の眉メイクの方法を紹介しますね。

眉メイク初心者の人は
眉頭から書く人が多いです。

でも、初めに書く部分って
濃くなりやすいので
眉頭ではなく眉尻から書くようにしましょう。

眉頭が濃くなってしまうと
眉毛をすごく強調するメイクになるので
ナチュラル感がなくなってしまうのです。

今の流行りはナチュラルメイクなので
眉頭はなるべく薄くすることをおすすめします。

眉尻を書いたら
そのまま眉毛の真ん中くらいまで
書いていきましょう。

そうすると
眉頭だけ何も書いていない状態に
なりますよね。

そこで、次のステップ!

細めのメイクブラシで
全体をぼかしていきます。

この時に
しっかり書いてある眉尻の方と
書いていない眉頭の方が
馴染むようにしてあげると
ぼかしやすくなります。

そして、最後に眉下のラインを綺麗にします。

これが一番難しいと感じている人も多いですが
このポイントが実は一番簡単ですよ。

綿棒で眉下を綺麗になぞっていくだけで
眉下を綺麗に揃えることができます。

ペンシルやパウダーだけで
眉毛を書く人も多いですが
私はそれだけでは綺麗にできませんでした。

不器用なんですかね?(笑)

そこで、思いついたのが綿棒です!

眉メイクに慣れていない人ほど
試してみて欲しい私なりの裏技ですよ。



まとめ

眉毛は顔の中でも印象を変えてくれる
大切なパーツになります。

だから、眉毛が綺麗に書けると
それだけでメイクが綺麗に見えますよ。

メイクってなると
アイシャドウやアイライン
リップなどに気合が入りやすいですが
それよりも眉毛に気合を入れて
欲しいところです。

眉を綺麗に書いて
メイクの仕上がりを
ワンランク上にしてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました