化粧水と乳液は時間をあけた方が効果的?それぞれの役割とは?

スポンサーリンク

自分のスキンケアの方法が
合っているのかって
気になりますよね?

だからと言って
人がスキンケアをしている姿を
見る機会も、なかなかありません。

化粧水を付けた後
すぐに乳液を付けてしまうと
ベタベタしたりします。

このベタベタする感じで
合っているのか?
化粧水を付けてから
少し時間を空けて
乳液を付けた方がいいのか?

改めて考えると分かりませんよね。

そこで今回は
化粧水と乳液の付け方を紹介しますね。

スポンサーリンク

化粧水と乳液の付け方とは?乳液を付けるタイミングは何分後くらい?

化粧水と乳液は
付ければいいというわけではありません。

化粧水と乳液を付けるポイントは

  1. 化粧水をしっかりと肌に吸い込ませる
  2. 化粧水が肌になじんだ時に乳液を付ける
  3. 化粧水と乳液の時間を空けすぎない

の3つです。

スキンケアに詳しくない人は
「化粧水を肌に吸い込ませる」という感覚が
分からないかもしれませんね。

 

化粧水を付けた時は
肌が潤っているように感じますよね。

化粧水をコットンで付けている場合は
しばらくの間
優しく肌に化粧水を押し込むような感覚で
パッティングをしていくと
段々と肌が「モチモチ」してきます。

手で化粧水を付けている場合なら
付けた直後は顔も手も洗った後みたいに
濡れていると思います。

その後、手で化粧水を押し込むようにして
顔を触っていくと
段々手に肌がくっつくような
「ペタペタ」という感覚になってきます。

この肌がモチモチしたり
ペタペタしたりする状態が
肌が化粧水を吸い込んだ合図です。

 

私は手で化粧水を付けていますが
実際に化粧水をゆっくり付けていくと
付けた直後とは明らかに違う感触に
なってきます。

もしこの感覚が分からないなら
化粧水を馴染ませる時間が少し短いのかも…

いつもより少し時間をかけて
化粧水を付けてみると
感覚がつかめるかもしれませんよ。

 

そして
肌に化粧水がしっかり馴染んだ時が
乳液を付けるタイミング
です。

このように、化粧水のあと
乳液を付けるまでの時間は
何分空けたらいいと
決まっているわけではないのです。

時間が決まっていたら分かりやすいのですが
化粧水が肌に馴染む時間は人によって違う
ので仕方ないですね。

 

私の場合は
化粧水を付けて1分2分程すると
肌の手触りが変わってきます。

乳液の付け方も化粧水と一緒で
肌に押し込むように優しく
肌を触っていきます。

乳液も化粧水と同じように
優しく付けていると
段々手触りが変わってきます。

ペタペタと肌が
手に吸い付くようになってきたら
乳液がしっかりと馴染んだ証拠です。

 

そして最後に紹介したポイント
「時間を空けすぎない」
はとても大切です。

時間を空けすぎてしまうと
化粧水と乳液それぞれの役割を
果たせなくなってしまいます。




化粧水と乳液の効果を
しっかり感じるには
時間をかけて
スキンケアをすることが
大切ですよ。

>>>飛行機はすっぴんの方がいい⁉メイクする場合の注意点は?

スキンケアの時間が更に楽しくなる⁉化粧水と乳液の役割とは?

スキンケアで
当たり前のように使っている
化粧水と乳液。

でも、それぞれの役割を知っていますか?

いろいろなスキンケアブランドは
化粧水と乳液を
セットにして売っているので
何となく肌に良さそうと思って
使っている人もいることでしょう。

化粧水と乳液は
それぞれにちゃんとした
役割があります。

それぞれの役割を知ると
更にスキンケアの時間が
もっと大切に思えたり
丁寧にケアするようになりますよ。

 

化粧水の役割は

  • 肌にたっぷりの水分を与える
  • 肌のきめを綺麗に整える
  • 肌に美容成分を浸透させて綺麗にする

 

一方、乳液の役割は

  • 肌に美容成分を届ける
  • 肌を保湿する
  • 肌を保護する

それぞれ役割が違うことが分かりますよね。

 

化粧水には水分のほかに
美容成分が含まれています。

そして、乳液には美容成分だけでなく
保湿のための油分も含まれています。

このそれぞれの効果が肌に大切なのです。

洗顔後は顔の油分が取れて
肌がとても乾燥しやすい状態に
なっています。

そのため、乾燥で肌がつっぱったり
痒くなる人もいます。

なので
洗顔後の化粧水はなるべく早く
付けることが大切です。

私はかなりの乾燥肌ですが
洗顔後すぐに化粧水を付けることで
肌のツッパリ感がなくなります。

なるべく化粧水を早く付けられるように
タオルと一緒に化粧水を置いています。

 

化粧水で水分をたっぷりと
肌に入れてあげますが
化粧水だけでは
しっかり保湿することができません。

乳液を付けないと
せっかく化粧水で肌を潤してあげても
時間が経つにつれて
肌の水分は蒸発してしまいます。

なので、化粧水が肌に馴染んだら
乳液でしっかりと水分を
閉じ込めてあげましょう。

>>>スキンケアの順番が分からない?パックの効果的なタイミングを紹介!

 

GALLEIDOでもっちり感動肌を!

GALLEIDO BEAUTY MEMBERは
高性能美顔器ローラー本体が無料の
サブスクリプション!

高濃度ビタミンC配合の美容液が
定期的に届きます。

SNSでも話題のGALLEIDO BEAUTY MEMBER
ぜひ試してみては?

美容ローラー本体無料のサブスク


まとめ

今回は、化粧水と乳液のつけ方や
タイミングについて紹介しました。

スキンケアをきちんとして
肌を整えてあげることで
年を重ねても綺麗な肌でいられます。

スキンケアは毎日朝と夜の2回するので
しばしば適当になってしまいがちです。

でも、その2回のスキンケアに
時間をかけてあげることで
数年後…数十年後のお肌が変わってきますよ。

私は今30代ですが
だんだんシミやシワが気になってきて
スキンケアを丁寧にしようと
心がけています。

出来てしまったものは
仕方ないかもしれないですが
これ以上肌が年齢を重ねないように
スキンケアを頑張りましょうね!

タイトルとURLをコピーしました