マンションの子供の足音対策は何してる?近所付き合いも重要⁉

スポンサーリンク

マンション住まいで
小さい子供がいると
足音が気になりますよね。

子供は
「静かにしてね」
と言っても
なかなか静かにはしてくれません。

また、走ったりする以外にも
ぐずって足をバタバタさせながら
泣くこともあります。

子供の世話だけでも大変なのに
周りの人まで気を使わないといけない…
そんな毎日を過ごしたくないですよね。

実は子供の足音は
簡単な防音対策で
かなり抑えることができますよ!

今回は
子供の足音対策や近所付き合いの仕方
を紹介します。

スポンサーリンク

マンションの子供の足音対策3選!

子供の足音がトラブルの原因という話は
よく耳にしますよね。

今回紹介するおすすめの足音対策は
次の3つです!

  • 防音カーペット/マットを敷く
  • 遮音シートを貼る
  • スリッパを履く

防音カーペット/マットを敷く

子供が小さいと
子供自身が足音に気を付けることって
なかなかできませんよね。

そんな時は
床に防音カーペットや防音マットを
敷くようにしましょう。

一度敷いてしまえば
子供の足音をそれほど気にしないで
快適に過ごせますよ。

でも、床全体に敷くには費用もかかって
結構大変ですよね。

そういう場合には
子供がよく遊ぶ部屋や
ソファーから飛び降りる場所など
音が気になるところに
ピンポイントで敷くだけでも
十分に効果がありますよ。

育児をしていると
子供が泣いても
少しそのまま距離を置くことが
大切な時もありますよね。

それは、子供が自分で気持ちを
切り替えるためだったり
「泣けばどうにかなる」と
思わないためです。

でも、泣いていると足をバタバタさせたり
親を追いかけながら
抱っこしてほしいと飛び跳ねたりもします。

そうなると、近所迷惑が気になりますよね。

そして、
子供のためにはどうなのかと思いながらも
抱っこしたりして泣き止ませることを
優先してしまいがちです。

でも、いつまでも
親が近くにいられるわけではないので
子供が自分で気持ちをコントロール
できるようになることも大切です。

そういう時に
防音カーペットやマットを敷いておくと
近所迷惑を気にしながらしていた育児も
子供を中心にできるようになりますよ。

防音カーペットは1枚ものよりも
タイルのように組み合わせて使うタイプ
おすすめです!

1枚1枚が小さいので
汚してしまった時にも
その部分だけをはずして
簡単に洗えますよ。

遮音シートを貼る

足音は下に響くだけではなく
両隣や斜めの家にも響くことがあります。

私は以前アパートに住んでいた時
隣の家の生活音が結構聞こえていました。

ただ、私の隣の家には子供がいなかったので
生活音と言っても気になるほどでは
ありませんでしたけど。

何となく「洗濯機の音が聞こえてくるなー」
と思っていた程度でした。

でも、これが子供のいる家庭だったら
家中を走り周ったりするので
もっと気になったと思います。

足音はもちろん、他の音が漏れる
ということは
部屋自体の防音性が低いのかも知れません。

なので、お子さんが走り回ったり
飛び跳ねたりする場合には
壁や天井に遮音シートを貼っておく
より安心ですよ。

スリッパを履く

また、子供の足音が気になるのは
小さい時だけではありません。

小学生や中学生になっても
近所の迷惑まで考えて過ごすことは
あまりしないですよね。

その上、体が大きくなっている分
足音も大きくなりがちです。

子供がある程度大きくなったら
スリッパを履く習慣をつけましょう。

防音のためのスリッパなので
底が固くないものがおすすめです。
底が固いとペタペタと
かえって音がしてしまいますよ。



近所付き合いを大切にしておくと子供の足音も多めに見てくれる⁉

マンションはいろんな人が住んでいるので
ある程度の近所付き合いは大切です。

特に、子供がいる場合は
周りに音などで迷惑をかけることもあるので
挨拶はきちんとしましょう。

私も子供が産まれた時に
「泣き声などが周りに聞こえているだろうな」
と思っていました。

赤ちゃんってどうしても泣いてしまいますし
夜泣きなどで夜も静かに過ごすことが
なかなかできません。

そのため、近所の人にあった時は
挨拶以外にも
「子供の泣き声などうるさくないですか?」
「いつもうるさくてすみません」
などと一言伝えるようにしていました。

近所に住んでいるからこそ
一言挨拶があるかどうかというのが大切です。

一言あるだけで、近所の人が
子供の足音や泣き声がうるさいと思っても
「ママも頑張っているみたいだからな」
「子供だからしょうがない」
と考えてくれるかも知れません。

逆に、近所の人に会って挨拶もしていないと
子供の足音などがした時に
「うるさい!どうにかしてほしい」
と思われてしまうかも知れませんね。

知っている人なら許せることでも
知らない人だと許せないということは
誰にでもあることです。

同じ子供の足音でも
近所付き合いをしているかどうかで
相手の気持ちは変わりますよ。

 

子供の足音は
親がどれだけ気を付けていても
限界がありますし
あまりに子供の動きを制限するのも
可哀想ですよね。

子供がいるからこそ
近所付き合いを大切にしておくことで
トラブルに発展しにくくなりますよ。

ただし、挨拶をしているから
「足音を気にしなくていい」
というわけではないですよ。

周りに迷惑をかけないように
できるだけの対策をしたり
子供が早寝早起きできるようにしましょう。

そうすることで
足音で迷惑をかけることを
最小限にすることができますよ。



まとめ

今回は、マンションの子供の足音への
対処法を紹介しました。

子供は元気ですし
歩いたり走ったりするだけではなく
ソファーからジャンプしたりもします。

子供はこれだけ元気なことが普通なので
どうすることもできません。

だからこそ
親ができる足音対策をきちんとして
近所付き合いもある程度しておくことが
大切ですよ。

子供だから仕方ないと開き直るのではなく
マンションに住んでいる人みんなが
心地よく過ごせるように
いろいろな工夫ができるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました