ブラックフォーマルと喪服に違いってあるの?卒業式はどうすればいい?

スポンサーリンク

ブラックフォーマルと喪服って
何が違うのかよくわからないですよね。

どちらも冠婚葬祭の時に着用する
「礼服」なのですが
普段あまり着ることがないので
せいぜい持っていても1~2着くらい
という人が多いと思います。

同じ「礼服」ですが
結婚式とお葬式
またフォーマルな装いが必要とされる卒業式も
同じ「礼服」を着ても良いのか
などの疑問もありますよね。

また、基本的にスーツを着用する男性と
ワンピースやスーツ、アンサンブルなど
さまざまな種類のある女性とでは
礼服の選び方も違ってくるようです。

そこで今回は
礼服と喪服とブラックフォーマルの違い
について詳しく紹介していきます。

また、ブラックフォーマルの選び方のポイント
卒業式にも着用できるブラックフォーマル
についても紹介していきますね。

スポンサーリンク

喪服、礼服、ブラックフォーマル、何が違うの?

まず始めに
喪服・礼服・ブラックフォーマルの違い
について紹介していきます。

<礼服>

礼服は
結婚式やお葬式、入学式、卒業式など
冠婚葬祭で着用するいわば「正装」です。

一般的には
スーツやワンピースなどが多いですが
和装にももちろん「正装」「普段着」
があるんですよね。

<喪服>

喪服も礼服の一つで
主にお葬式や告別式など
弔事の際に着用します。

そのために
真っ黒でシンプルなデザインに
なっているものが多いのが特徴です。

男性の場合、基本的にスーツになるので
お葬式と結婚式で同じものを着用して
ネクタイだけ替えるという人も多い
と思いますが、
女性の場合は
慶事用と弔事用で分けて
販売されていることも多いです。

ただし、女性が喪服を選ぶ時は
肌の露出ができるだけ少ないもの
スカートはひざより下など
いくつか気をつけなくてはいけない点もあります。

また、サテンや光沢のある生地は
喪服としてはあまりふさわしくない
と言われているので注意してくださいね。

<ブラックフォーマル>

ブラックフォーマルは
黒色の正装のことを総じて呼ぶことが多いようです。

ブラックフォーマルは、黒色とは言っても
さまざまな濃さの黒色のものがあります。
喪服には
濃い黒である「漆黒」を選ぶのがマナー
となっています。

また、黒をベースとしたサテン生地や
刺しゅう入りのブラックフォーマルも
多くありますが、
これらは弔事用としては相応しくないので
結婚式や卒業式などの慶事向けになります。

「ブラックフォーマルだから」と言って
何でも喪服として着用して良いわけでは
ないんですね。

ちょっと面倒ですが
この辺りはマナーに関することなので
注意が必要ですよ。

ちなみに男性の場合
喪服に光沢のあるネクタイもNGです。



卒業式とお葬式で同じ服を着ても大丈夫!卒業式ではコサージュなどで華やかに!

礼服とコサージュ

卒業式に着るフォーマルウェアを
喪服とは別に買うかどうかって
悩みますよね。

小学校の卒業式で着用したものを
3年後の中学校の卒業式でも着れるか
と言ったら、私は自信がありません。

体型変わってないわけがないですよね(笑)

わざわざ卒業式用に買うのもどうかな?
と悩むところですが
実はお葬式で着るブラックフォーマルを
卒業式で着まわしても大丈夫ですよ。

とは言え卒業式は
「教育課程が修了した」という
ハレの日でもあります。

そのため
弔事用のブラックフォーマルを
卒業式に着用する場合は
アクセサリーやコサージュなどで
華やかさを取り入れたり
カラーフォーマルのジャケットを羽織る
ことをおすすめします。

また、弔事用の礼服を
慶事用として着用することも
意見が分かれるところですが
マナー違反というわけではありません。

しかしその場合も
せっかくのおめでたい席なので
カラーフォーマルジャケットを羽織ったり
コサージュで華やかさを足すとGOODですよ。


結婚式に羽織るジャケットは
新婦さんの色である「純白」は避ける
のも忘れないでくださいね。

また、最近では
「慶事と弔事両方で着用できる
ブラックフォーマル」
として販売されているものも多いです。
一着で着回しできるのは嬉しいですね。

~卒業式のフォーマルウェアはレンタルという手も~

お葬式などの弔事は
突然の出来事なので難しいですが
結婚式や卒業式などの
前もってわかる行事であれば
レンタルもおすすめです。

数年に一度しか着ないフォーマルウェアを
わざわざ買うのはもったいないと思う人や
私のように数年後に
体型が変わってないという自信のない人には
レンタルという方法もありますよ!

また
喪服用のブラックフォーマルを一着購入して
冠婚葬祭に合わせて
カラージャケットだけレンタルする
という方法もありますよ。

レンタルに抵抗がないなら
一つの手段として知っておくと
良いかもしれないですね。



まとめ

今回は、ブラックフォーマルと喪服の違い
についてまとめてみました。

ブラックフォーマルも喪服も
冠婚葬祭時に着用する礼服ですが
黒色に濃淡があります。

弔事用の喪服は
漆黒かできるだけ濃い黒を選ぶようにしましょう。

また、喪服は
卒業式のフォーマルウェアとして
着まわしても大丈夫ですよ。

ただし、卒業式に着るのであれば
少し華やかなアクセサリーやコサージュ
カラーフォーマルジャケットで
ひと工夫してみてくださいね。



タイトルとURLをコピーしました