飛行機はすっぴんの方がいい⁉メイクする場合の注意点は?

スポンサーリンク

飛行機に乗る時は
メイクをするかどうかで
悩みますよね。

確かにすっぴんは楽ですが
すっぴんを周りの人に見られると思うと
メイクをしておきたい気持ちにもなります。

そこで今回は
飛行機内はすっぴんとメイクの
どちらがいいのか
また、メイクをする場合は
どんなことに気を付ければいいのか
について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

飛行機に長時間乗るならすっぴんの方がいい!機内は乾燥注意!

飛行機の中はたくさんの人がいるので
できればメイクをしておきたいですよね。

でも
「飛行機の中はすっぴんの方がいいよ」
という人もたくさんいます。

すっぴんで乗るメリットとしては

  • 肌に負担がかからない
  • すっぴんの方がこまめに保湿ケアができる
  • メイク崩れなどを気にしなくていい
  • アイマスクや首枕を気にせず使える

などが挙げられます。

飛行機内はとても乾燥していて
湿度が20%ほどしかない
と言われています。

そのため、メイクをしたまま
飛行機内に長時間いると
肌が乾燥して荒れる原因になります。

特に、敏感肌や乾燥肌の人は
すぐに肌に影響が出てきます。

 

私は乾燥肌なのですが
冬などの湿度が低い時期には
すぐに粉が吹いてしまったり
乾燥で赤く荒れてしまいます。

なので、飛行機には
絶対にメイクをしないで乗るように
しています。

乾燥する機内では
気になった時の
こまめな保湿ケアがとても大切
です。

すっぴんでいれば
乾燥が気になった時にすぐ
化粧水や乳液を付けることができます。

こまめな保湿は
肌を保護してくれますし
メイクをしている時に比べて
圧倒的に肌への負担が少ないです。

保湿ケアをしっかりすることで
飛行機に長時間乗っていても
肌の乾燥を防ぐことができますよ。



また、すっぴんということは
メイク崩れも気にしなくてすみますね。

メイクの崩れ方によっては
すっぴんよりもすごい顔になってしまうことも…(笑)

マスカラが落ちて下瞼についたり
眉毛が取れて半分ない
なんてこともよくあります。

飛行機内は鏡が少ないので
メイク崩れをしていても
なかなか自分で気づくことが出来ません。

しかし、すっぴんなら
メイク崩れなどを気にしないで
気兼ねなく飛行機で過ごすことが
できますね。

 

また、長時間乗っている場合は
睡眠をとることもあるでしょう。

寝る時には首枕やアイマスクを
使いたいですよね?

でもメイクをしていると
汚してしまわないかと心配になります。

となると、思うように寝られずに
ストレスが溜まることも…。

これも、すっぴんなら
心配する必要はありませんよ。



飛行機でメイクをしているとダメ⁉メイクをして乗る時の注意点とは?

すっぴんを見せたくない人や
逆にすっぴんの方が肌荒れしてしまう
という人もいます。

そんな時は
メイクは最低限にしておきましょう。

例えばマスクをしていたら
ファンデーションやチーク
口紅などはしていなくても
周りの人は分かりませんよね。

なので、マスクしている時に見える
眉毛やアイメイクを軽くする程度
にしましょう。

ただ、マスクをしていると
肌が荒れてしまうという人は
ファンデーションの代わりに
フェイスパウダーをしておく
ある程度のカバー力もあるので
おすすめです。

このように
メイクを薄くしておくことで
肌にかける負担は最低限にすることが
できますよ。

また、ファンデーションをしていなければ
多少メイクをしていても
保湿ケアをすることが出来るので
乾燥に悩む心配はなくなるはずです。

ただ、飛行機に搭乗する前後に
観光をする人や仕事の予定がある人は
薄化粧ではなくメイクをしっかり
しておきたいですよね。

そのような人は
メイクの上からでもできる化粧水で
こまめに保湿
をするようにしましょう。

また、飛行機内は
持ち込める液体の容量が100ml以下
と決められています。

保湿するアイテムの容器が大きい場合は
他の容器に移しておくのを忘れないように
してくださいね。

詰め替え用の小さいボトルなどは
100均でも売っているので
買っておくと便利です。

また、飛行機に乗る前後に
予定がある人は
シートタイプのメイク落としを
持ち込んで
飛行機内では
なるべく薄化粧でいられるように
するといいですよ。

以前、私は
飛行機内が乾燥していることを知らずに
メイクをしたまま乗ったことがありますが
頬が乾燥してしまって
赤くなった経験があります。

元々が乾燥肌だったのにも関わらず
メイクをしたままで
保湿ケアもしなかったことが
肌に大きな負担を与えたようです。

飛行機を下りた後に
メイクのノリが良くないと
気分も落ちますよね。

なので、私はなるべく
すっぴんか薄化粧で
常に保湿ケアができるような状態で
乗ることをおすすめします。

飛行機内で一度メイクを
落としたとしても
到着する前に
もう一度メイクをすることはできますし
飛行機内だけなら
すっぴんでも周りの人は
何も思わないですよ。



まとめ

今回は、飛行機に乗る時のメイクについて
紹介しました。

飛行機の中でも
メイクをしていたいという気持ちは
十分にわかります。

でも
飛行機に乗っている間に周りを見て
「あの人すっぴんだ…」
と思われることはほとんどないですよ。

もし、思われたとしても
その人と今後関わる確率は低いです。

なので
飛行機の中で
メイクをして綺麗でいるより
気兼ねなく心地よく過ごすことを
優先しましょう。

搭乗前後の関係で
どうしてもメイクしたまま乗る場合は
保湿ケアができる程度のメイクにして
乾燥を防いでくださいね。



タイトルとURLをコピーしました