雛人形は親のお下がりじゃダメなの?業界団体は市場規模縮小を危惧⁉

スポンサーリンク

雛人形は両親や祖父母が、娘のために一生懸命に選んだものです。
自分の雛人形がとても気に入っていて、雛人形を娘に引き継ぎたいと思うママもたくさんいますよね。

雛人形には、贈られた女の子の厄を代わりに背負ってくれるという由来があるので、2代に渡って同じ雛人形を使うことは良くないと言われています。
でも、物を大切にする精神は日本人の美徳でもありますよね。

私も娘がいますが、娘の雛人形を綺麗に保つことが出来たら、孫に引き継がれたら嬉しいなと思ったりもします。

今回の記事では、雛人形が親のお下がりではダメと言われる理由や、娘に引き継ぐ時の注意点などについて詳しく紹介します!

スポンサーリンク

雛人形が親のお下がりはダメと言われる理由とは?

雛人形のお下がりがダメと言われる主な理由は、雛人形は贈られた子の災厄を代わりに受け持つので、2代に渡って引き継ぐことは良くないというものです。

確かに、雛人形は女の子の代わりに厄を受け持ってくれるとよく聞きますよね。
だからと言って、引き継いだらダメな理由になるの?って思いませんか?

私はこの理由を見た時に、2代に渡って受け持つことが、どうしてダメなのか分かりませんでした。

これは、私が
雛人形は、贈られた女の子の身代わり人形で、その子が大きくなった時点でその役目を終える
と言われていることを知らなかったからです。

 

雛人形は、女の子が無事に成長するように見守っていて、成長していく中で雛人形が女の子のかわりに厄を受け持ってくれます。
そして、女の子が無事に成長して大人になると、その雛人形の役目は終わりなのです。

そうであれば、新たな女の子が産まれたからといって、あなたやお姉ちゃんの身代わり人形を飾っても、生まれた女の子の厄は受け持ってもらえそうにないですよね。

このような理由から、1人に1つの雛人形を持つことが一般的になったということです。

また、雛人形を引き継いでいくとなると、当然、売れる人形の数は減りますよね。
そのことを心配して人形屋さんが、引き継ぐことに反対しているようにも感じます。
これも、雛人形を引き継いではいけないと言われる大きな理由の一つと考えられます。
人形屋さんの考えだけで、1人1つ買うと思うと少し考えてしまいますよね(笑)

 

今は昔と違って、雛人形自体の質も良くなっています。
昔は1代でボロボロになっていた雛人形も、今は同じ年数飾っていたとしても、綺麗に保存されていることが多いです。

ママたちの雛人形が綺麗な状態を保っているからこそ「引き継ごう」という考えが出てきたんだと思います。
それに、雛人形は安いものを選んだとしても数万円するので、簡単にいくつも買えるものではありませんよね。

確かに昔は子供が成人になるのは、現代に比べればはるかに難しいことだったと思います。身代わり人形が欲しい気持ちも想像できますよね。
でも、現代に身代わり人形まで必要だとは、私は思いません。
実際に、ママの幸せを娘に引き継ぐという意味で雛人形を引き継ぐ人もいます。
あなたやご家族の意見を踏まえて、買うか引き継ぐか決めればいいと思います。



雛人形を母から娘へ引き継ぐのもOK!引き継ぐ場合の注意点とは?

プレゼント

それでは、雛人形をもし引き継ぐ場合はどうしたらいいのでしょうか?

雛人形を引き継ぐ場合、傷んでいるものは修理する、あるいは買い替えるようにしましょう。

雛人形を引き継ぐことになったら、まず、どこか傷んでいるものがないか確認しましょう。
例えば雛人形の着物が汚れていたり、破れていた場合は、人形屋さんが直してくれるので頼んでみて下さい。

汚れや糸のほつれを直すだけでなく、リメイクをして新しい着物を着せてあげることもできますよ。
ママが七五三で着た着物をリメイクして、雛人形の着物に変えることもできます。

雛人形がママのお下がりでも、このようにリメイクすると今までのお雛様とは少し違って、ママも新鮮な気持ちで飾ることができますね。

また、お雛様やお内裏様以外にも、官女やぼんぼりなどの小道具を替えて、新しく飾る人もいますよ。

 

どうしてもお雛様とお内裏様ばかりに目が行ってしまいますが、他の小道具が色が褪せていたりすることもあります。
引き継ぐときには、雛人形全体を確認することが大切ですよ。



姉妹がいる場合は一人に1つずつ必要なの?

また、姉妹の場合は、それぞれ1つずついるのかという問題もありますよね。
特に、ママの雛人形を引き継ぐ場合は、ママの雛人形は1つしかありません。

姉妹の場合は、必ずしも1つずつ準備する必要はありません。

雛人形は1人に1つと言われていますが、実際にいくつもの雛人形を飾るスペースはなかなか作れませんよね…。
現在の住宅事情を考えると、雛人形を1人1つと考えることには無理があります。

家庭それぞれに飾れるスペースは違うので、同じように買ってあげられません。
なので、二人で1つの雛人形ということにしてもいいと思います。

 

しかし、ママたちの中には
「長女には雛人形があって次女にはない、というのは子供の気持ちを考えるとダメなのかな?」
と思う人もいますよね。

そんな時は、雛人形を買うのではなく、2つ目は親王飾りを買ってみてはどうでしょうか?
同じ雛人形を買うと、大きさなどで差が出てしまいがちですが、形が違うものを買えば差があるようには見えないです。
これなら二人がそれぞれひな祭りを楽しむことができますよ。

 

昔は雛人形を引き継ぐことはいけないと言われていたり、姉妹の場合も1人1つ買った方がいいと言われていたりしました。
しかし、時代が変わるにつれて考え方が変わってきます。

そのため、引き継ぐといった考えが出てきたり、姉妹で別のものを用意してもいいのではないか?という意見も出てきているのです。

 

私は娘が一人しかいませんが、もし、姉妹だったとしても雛人形を2つ飾るスペースはリビングにありません。
他の部屋に飾るのであれば二つ飾れるかも知れないですが、せっかく飾るならリビングなどみんなが見える場所に飾りたいですよね。
そうなると雛人形の数だけではなく、大きさや種類も限られてきます。
私なら、やっぱり姉妹二人の雛人形ということにします(笑)。



まとめ

今回は、雛人形をママから娘へ引き継ぐのはどうなのかについて紹介しました。

元々の風習にならえば、雛人形を引き継ぐのはダメということになります。
しかし、現在の住宅事情や無事に成人する確率を考えれば、もっと柔軟に考えていいと思います。

ママやパパがどう飾りたいか、娘さんにどうしてあげたいか、と考えてあげる時間が何よりも素敵だと思います。
娘さんの無事な成長を願いつつ飾るのであれば、どんな形であっても、娘さんにとって良い思い出になりますよ。
どのような結論になったとしても、娘のためを想って考えた結果なら、それが大正解です。



タイトルとURLをコピーしました